花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • ムニンタイトゴメ

  • ムニンタイトゴメ

    ムニンタイトゴメは夏は灼熱の太陽が降りそそぐ、山頂の厳しい環境にはえています。
    芽生えるのは涼しくなった晩秋、12月ころから花をさかせます。
    写真をクリックすると大きくなります。ちょうど芽生えたころや花が咲きだした12月中頃の写真です。

    拡大

    高さは3~5cm。茎は今は1回しか分岐していませんね。
    葉は2mm程。葉先はぷっくりと米粒のようです。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • イリオモテニシキソウ

  • クリックすると大きくなります

    (クリックすると大きくなります。)
    小笠原に行ってきました。船を降りてすぐ目についたニシキソウの仲間
    茎の色が緑色のものと、少し紫を帯びるものなど
    行く先々で出会います。

    イリオモテニシキソウ

    自然度の高いところにもあります。まだ芽生えたばかり

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • 牧野植物園で

  • ヒメフウロ

    外来種のヒメフウロと、在来種のヒメフウロが見分けられるのか?
    結論、ぱっと見わかりませんでした。
    かすかに写っていた、裂開前の葯の色はピンク。

    ヒメフウロ

    自生地は四国は剣山。
    松山の道路沿いで見かけたものも外来種なんだろうなぁ

    ヒメフウロは抗老化作用があるらしく、化粧品も出ている。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ナベワリ シコクナベワリ

  • 牧野植物園

    朝ドラ「らんまん」の影響で有名になった牧野植物園
    牧野博士のお母さんが好きだった、バイカオウレンはドラマの随所に出てきます。

    バイカオウレン

    早春に咲くので、残念ながら種でした・・・
    5つの小葉があるから、別名ゴカヨウオウレン

    そういえば、この5つの小葉のオウレンは屋久島や宮崎でも見たことがあります。
    オウレン属2種ヒュウガオウレンとオオゴカヨウオウレンです。
    他に5つの小葉のものにシコクバイカオウレンがあるから・・・
    やはり花のアップと、ストロンを出しているかどうかの確認までしなければならないですね。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • カザグルマ

  • カザグルマ

    湿地の崖を高く這い上り、車からでもすぐわかるくらい大きい花
    カザグルマ、立派でした。
    晴天で花が白飛び、ビニール傘をさしての撮影。

    側面

    ガクの裏側もおしゃれでした。



    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • シコクチャルメルソウ

  • シコクチャルメルソウ

    松山について、一息いれた道すがら出会ったチャルメルソウの仲間
    愛媛県にはコチャルメルソウ、オオチャルメルソウ、チャルメルソウ、シコクチャルメルソウがある。
    花や葉の形から、チャルメルソウかシコクチャルメルソウ

    花

    花弁は羽状に4-5裂、萼裂片は花時に直立。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • サイコクサバノオ

  • サイコクサバノオ

    旅先では細部の写真を撮り忘れたりで、なかなか名前をきめられないのですが
    四国に分布するシロカネソウ属は
    サイコクサバノオ、トウゴクサバノオ、コウヤシロカネソウの3種なので
    その中から絵合わせで名前をつけてみました。

    花

    花は径1cm未満。
    白色からごく淡いクリーム色で、条は中央にまとまって太くなっていました。

    web拍手 by FC2
    …スミレ
  • ヒメミヤマスミレ

  • ヒメミヤマスミレ

    横倉山のヒメミヤマスミレです。
    学名に牧野博士の名前が入っている、タイプ産地のヒメミヤマスミレ
    ということで、このスミレの時期に合わせて四国へ行きました。

    葉

    私にはフモトスミレとの見分けが難しく、今回はいろんなことを教えてもらいました。
    まず、フモトスミレより鋸歯が粗いこと。

    web拍手 by FC2
    …スミレ
  • サクラスミレ

  • サクラスミレ

    初めてみるスミレです。サクラスミレ。
    スミレの好きな花友さんたちと四国に行ってきました。
    久しぶりスミレの更新。

    サクラスミレの花は日本産のスミレの中で一番大きいと聞いていたので
    どのくらい大きいのか気になっていましたが・・・
    それほど大きいという感覚はありませんでした。

    即弁

    ピンクがうまく色を出せず、紫っぽい色になってしまいました。
    側弁には毛がはえている。

    web拍手 by FC2
    …イネ科イグサ科
  • 沖縄のイネ科植物 3

  • okinawamitisiba2.jpg

    イネ科の中でも、きれいだといえるかもオキナワミチシバ
    名前も地味だけど、花茎が立たなければ葉だけでは見分けることができそうにない。

    okinawamitisiba1.jpg

    写真の下の方にはっているのが葉。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • 石垣島で見た植物

  • 果実

    カジノハラセンソウ、果実を見るとラセンソウの仲間だとわかる。
    以前はシナノキ科だったのが、APGではアオイ科

    花がしぼんでます

    残念なことに、花がしぼんでいた。
    この日は曇ったり晴れたり…お天気のせいか?咲く時間があるのか?

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ムラサキムカシヨモギ

  • ムラサキムカシヨモギ

    ウスベニニガナと比べて小さいけど、「似てるよね」と花友さんが見つけた。
    雑種になったの?なんて話していたら、ムラサキムカシヨモギとのこと。
    確かにヒメムカシヨモギに似てると思いました。

    花

    ところが石垣島のは、こんなに小さいのだけど
    ネットでみるムラサキムカシヨモギはもっと大きくてパッと開いている。
    それにショウジョウハグマ属で、ハグマとつくのがわかるくらいかわいい。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ビロードヒメクズ

  • 豆果

    花は終わっていたのですが、ビロードヒメクズという名のとおりの豆でした。
    手持ちの図鑑に詳しい記述を見つけることができなかったので
    観察したことを書きます。

    葉

    葉は3小葉からなり、小葉は長楕円形で、長さ2~4cm、幅1~2cm。
    葉先とがらず、葉裏の葉脈は凸出し、両面に灰褐色の軟毛が密生。
    茎は細く、赤みを帯びて毛がはえていました。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • キンチャクマメ

  • クリックすると大きくなります

    キンチャクマメは地面を這っていますが、ツル性ではなく常緑半低木
    枝は細く伸びて這い、
    (写真をクリックすると大きくなります)

    キンチャクマメ

    上部の枝先や葉腋に豆果がついて、黒熟。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • タイワンクズ

  • 花色

    クズの花の色は赤っぽいですが、タイワンクズは青っぽい
    花序が葉よりも高くつきだすそうですが、
    この写真だと葉がないのでわからないですね。

    タイワンクズ

    沖縄の花友さんに、タイワンクズはどこにでもあるからと言われたのですが
    石垣島、西表島ではあまり出会えず、いい写真が撮れませんでした。

    web拍手 by FC2
    このカテゴリーに該当する記事はありません。