花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
木本
  • オガサワラグミ

  • オガサワラグミ

    乾性低木林の岩場に、オガサワラグミが咲いていました。
    枝は伸びて上昇します。

    枝

    今年の枝にはやや稜角があり、黄褐色の鱗片を密生。

    web拍手 by FC2
    木本
  • オガサワラビロウ

  • オガサワラビロウ

    ビロウとオガサワラビロウは果実があれば見分けられそうですが
    木だけで区別できそうにありません。樹名板がついたもので確認してみます。
    左に幹が、右にまだ背の低い樹幹が並んでいて、観察木の見本のようです(〃艸〃)ムフッ

    樹幹

    ちなみに、左の幹の上部の写真です。ワイルド~♪

    web拍手 by FC2
    木本
  • ノヤシ

  • 葉

    「ノヤシ」と野暮ったい名前なのですが、
    ココヤシみたいに海辺ではなく、林内にある「野のヤシ」というわけで
    ハワイ・ポリネシア系にルーツをもつ植物なのだそうです。
    このノヤシの高さはどのくらいかなぁ、背丈よりはるかに高い。
    図鑑には幹の高さ7-10mとあります。

    葉鞘

    葉は大型の羽状複葉、幹の先端に10-12個叢生。
    葉鞘は長さ1mほどになる長い筒状で、樹幹軸をつくります。
    花序は幹の先端の葉群の下について、ほうき状。

    web拍手 by FC2
    木本
  • シマザクラ

  • シマザクラ

    写真を撮っているときは、何科なのかもわからなかったのですが
    「シマザクラ」とわかると、ソナレムグラのことを思い出し「似てねぇなぁ・・・」
    などと思いながらも、見てみたい花でした。(ソナレムグラと同じ属なんです。)

    シマザクラ

    花期はふつう7-9月なのですが、秋や冬にも咲くということで、残り花でした。

    web拍手 by FC2
    木本
  • モンテンボク(テリハハマボウ)

  • 山頂で

    モンテンボクは別名のテリハハマボウと呼ぶ方がわかりやすいですね。
    父島の山を歩けば、いたるところで見かけます。

    テリハハマボウ

    山頂の岩場では樹高は低く、3mないこともありますが、
    環境によっては樹高が10mになるようです。
    葉は革質で小さく、表面に光沢があるのでテリハハマボウ。

    web拍手 by FC2
    木本
  • タコノキ タコヅル

  • タコノキ

    タコノキ、父島ではよく見かけました。

    タコノキ

    沖縄のアダンとよく似ていますが
    幹の中部以下から支柱痕を四方に出します。

    web拍手 by FC2
    木本
  • コマユミ リュウキュウマユミ

  • コマユミ

    複葉じゃないけど、複葉に見えるコマユミ・・・見えないか・・・('◇')ゞ
    葉は頂枝には3-6対 側枝には1-4対を対生。

    葉

    葉の基部は楔型、鋭頭、縁に細鋸歯。

    ニシキギ属を葉でみわけるために、いまさらですがコマユミ。

    web拍手 by FC2
    木本
  • キハダ

  • キハダ

    これがキハダかもしれない、と思うのですが大木すぎて困る。
    400mm望遠で撮った葉。
    小葉は3-5対の奇数羽状複葉。

    対生

    羽状複葉は対生なので、トネリコ属とも似てるような気がするけれど

    web拍手 by FC2
    木本
  • シオジ

  • シオジ

    複葉の樹木がわかるようになりたいと目標を立てたので
    この葉も見分けられるか・・・?

    葉

    渓流沿いにはえていました。
    小葉が3-4対の奇数羽状複葉。

    web拍手 by FC2
    木本
  • ヤマハゼ

  • yamahaze1.jpg
    (写真をクリックすると大きくなります)

    左からヤマハゼ、ヌルデ、ハゼノキです。
    昨日ヤマウルシを見分けたら、このヤマハゼがヤマウルシに見えてきて、
    気になる存在になってしまいました。

    ヤマハゼ

    そんな時は、確認しなくてはと、果実を見に行ってみました。

    web拍手 by FC2
    木本
  • ヤマウルシ

  • 葉序

    横倉山のヤマウルシをきれいだなぁと撮ってきました。
    上から見ると枝先に束生しているようだけど

    葉序

    葉は枝先に集まり、互生。裏面の脈上の毛が白っぽくみえます。
    奇数羽状複葉で4-7対の小葉があり、基部の小葉は丸くて小さい。

    web拍手 by FC2
    木本
  • ナンキンナナカマド

  • 花

    長﨑にもあるのですが、横倉山の尾根道でみかけたナンキンナナカマド
    淡い黄緑色の、かわいい花が咲いていました。

    托葉

    花序の基部につく托葉は大きくて半円形の葉状です。

    web拍手 by FC2
    木本
  • ハマクサギ

  • 花

    今更なのですが、ハマクサギをまとめます。
    クサギと同じく、クマツヅラ科からシソ科にかわりました。

    幼木

    図鑑では、「葉は広卵形から卵状楕円形で縁はほとんど滑らかか、あるいは数対の先端が鈍く尖った鋸歯がある。」
    と書いてありますが、山を歩いていて気がつくのはたいてい鋸歯がある。

    web拍手 by FC2
    木本
  • ウラジロノキ

  • ウラジロノキ

    ウラジロ○○と名がつく、葉裏が白い木は数々あれど
    ただのウラジロノキと名がつくのはなぜ?
    アズキナシを調べていた時知ったウラジロノキ。
    これかなぁと出会ったときはうれしかった。

    葉表

    葉は卵形で、縁は大型の重鋸歯。
    側脈は8-11対で、ほぼ直線的に裂片の先端に達しています。

    web拍手 by FC2
    木本
  • カカヤンバラ

  • クリックすると大きくなります

    カカヤンバラ、見たかったバラです。
    花期は4-6月なので、11月はぽつんぽつんと咲くくらいでした。
    別名ヤエヤマノイバラ、南方系のバラで海岸近くの草原に咲いていました。
    花は径5-7cmと大きいです。

    花

    ハマナスの白い感じ。ハート形の花弁がかわいいです。
    花は枝先に一つ。

    web拍手 by FC2
    このカテゴリーに該当する記事はありません。