花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • 小さな世界 

  • タマゴケ

    今日は小さな世界です。
    目玉おやじのような目がおもしろい、タマゴケコツクシサワゴケ
    カメラをのぞいてると、目玉おやじからみつめられてるかんじ
    とってもかわいいコケです。一目見たら忘れられない…

    ゼニゴケ

    これも、ヤブレガサみたいなサクが面白い、まるでミクロの世界のヤシの木みたい。
    小さな森みたいで好きだけど、調べてみるとどうも厄介なコケみたい。

    web拍手 by FC2
    木本
  • クロガネモチ

  • 赤い実

    果実は鳥に食べられてまばらになっていたので、モチノキみたいに見えるけど「クロガネモチ」です。
    赤い実は苦手。葉の形も平凡だし、どっちかというと避けたい木でした… v(^^*)
    それが、調べてみると結構面白かったんです。

    死環

    モチノキ科の葉は、死環がでるって書いてあったので、葉先を焼いてみました。
    この黒い線が死環、これは、タンニン(ポリフェノール化合物)によるものだということです。

    タンニンは口に入れると強い渋味を感じさせる成分です。
    と言うことは、鳥に食べられてしまったこの木の果実は熟して渋みがなくなったのかな?
    一つつまんでみたら、渋くない!

    web拍手 by FC2
    鳥・虫・生き物
  • まって~

  • ツル

    三脚のかたんという音で飛び立って・・・たはー あ~あ…
    ぽかぽかの散歩日和に、ツルに会いに行ってきました。

    ツル

    飛んでる姿がカッコイイ!なんて負け惜しみ v(^^*)
    顔が赤いから、マナヅルさん?
    私、こんなに近くからツルを見たのは初めて
    ラッパを吹くような鳴き声、空を飛ぶ姿はきれいです。


    お師匠さんの写真です。私が撮れなかったツルの様子です。
    見てほしかったのでお願いしてアップしました。

    web拍手 by FC2
    …どんぐり
  • ドングリのタンニン

  • ジョウビタキ

    みぞれのふる寒い日だったけど、野鳥の観察会にさそっていただきました v(^^*)
    観察会なので追っかけまわせなくて、撮れたのはジョウビタキ♂のお尻だけ
    鳥好きさん達が見せてくださる写真がいかに難しいか…よ~くわかりました (_ _,)/~~

    踏みつぶされたドングリを食べてるのかなぁ、ハクセキレイ達とつるんでました。

    ところで、ドングリの渋みは、含まれるタンニンの量で決まるそうです。
    シイが美味しいのは、タンニンの量が0.1%、次に美味しいマテバシイは0.5%
    イチイガシやシリブカガシは少し渋くて1.2%くらい
    そして、間違えて食べたツクバネガシの渋いことしぶ~とても生では食べられない!

    web拍手 by FC2
    木本
  • クスノキ

  • クスノキ

    クスノキの赤い冬芽が 暖かそうにしています。
    春になれば新しい葉が展開して、年を越した葉は赤く色づき散っていくのもまたきれいです。
    どこにでもあるクスノキだけど、クスノキって特別な感じがするのは私だけ? ^m^ 
    大きくて力強いクスノキはみているだけで気持ちいい。葉をもむと香りもいいしね。

    クスノキ

    今は、つや消しのような黒のクスノキの果実も まばらになってきました。
    これは被爆2世のクスノキです。
    長崎にはあちこちに被爆したクスノキの子ども達が育っています。

    web拍手 by FC2
    木本
  • ジュズネノキ

  • ジュズネノキ

    いよいよ持ちネタが尽きてきました。今日はじみーな内容です ごめんゴメンネ

    ドングリの森の中にアリドオシ属の植物群落がありましたハート(赤)

    アリドオシ、オオアリドオシを調べたとき、名前が混乱して気になっていたジュズネノキもあります。
       まず名前を整理するところからはじめて(興味があったら一番下にまとめたので読んでね)

    ジュズネノキの果実

    ジュズネノキ 葉のアップです。クリックしてね。

    写真で見るとオオアリドオシに見えるけど、
    これは、根っこが数珠のようになるジュズネノキ。
    アリドオシ、オオアリドオシは数珠状になっていないそうです。

    web拍手 by FC2
    街路樹・公園・庭木
  • モミジバフウ

  • モモジバフウ

    冬のモミジバフウはこんなふう
    流れ星の残骸のような果実を青空にぶらさげています。
    種子は風散布かなぁ…なんて見ていると…
    小鳥の声が聞こえてきて


                      ことりの名前はカワラヒワだろうと言うことです。獣医さんありがとうございました。
    スズメくらいのカワラヒナカワラヒワかな?が果実をつついています。
    つい時間を忘れて、ながめていました (*^-^*)ゞ

    web拍手 by FC2
    …どんぐり
  • ツクバネガシ オオツクバネガシ

  • ツクバネガシ

    花の少ない冬の間、ドングリ調べをしようと軽い気持ちではじめたのに、
    どんぶりことはまってしまった「どんぐりの木たち」…(*^-^*)ゞ
    江戸時代からここにそびえていることになる、樹齢 数百年という木々を見上げてると…
    すごいなぁ…ほれぼれ~ハート(赤)
    でも、現実は木が高すぎて、落ちてる葉とドングリ、近くの木肌や芽生えた葉っぱを結びつけて
    推測するしかなくて…あれこれ悩んだ結果、ツクバネガシとしました。

    ツクバネガシ

    葉が先のほうに集まって輪のようにつくから、羽根つきの羽根ににみたててツクバネガシ。

    web拍手 by FC2
    未分類
  • 雪の日

  • 雪の里山

    十年に一度の雪の日なのだから…やっぱり歩いてみたい…そう思っていたら
    「肥前耶馬渓」なんておしゃれな名前がついていたんですね、平谷温泉
    藁葺きの家が懐かしい里山へ連れて行ってもらいました。 v(^^*)

    イイギリ

    イイギリの赤い果実も、雪の白に生えてきれいです。
    昔、この葉で飯をくるんだことから「飯桐」
    ハート型の大きな葉っぱに包まれたおにぎり、春になったら作ってみたいなぁ…

    web拍手 by FC2
    …どんぐり
  • すごい雪だよ

  • 雪

    朝6時半、何か変だなぁと窓を開けてびっくり!
    10年ぶりくらいの大雪です(^O^)/

    さて、これからどのくらい積もるのかな?

    ジャガランタ

    南国生まれのジャガランダ…( ̄_ ̄ i)タラー
    せっかく芽が出たのに、大丈夫かなぁ…

    web拍手 by FC2
    木本
  • ヤブツバキ

  • ヤブツバキ

    木へんに春と書いて椿、まだ春には遠いけどツバキの花がそろそろ見ごろです。
    野母崎には白いヤブツバキがあるよと、うれしい花便り 
    コタツの中からよっこいしょと腰を上げて見てきました。
    野母崎は亜熱帯植物園があるくらいあたたか、だれもいない冬の海も散歩。

    ツバキのトンネル

    ヤブツバキのトンネル。
    やっぱり緑の中を歩くのは気持ちいいなぁ・・・

    web拍手 by FC2
    …どんぐり
  • イチイガシ

  • イチイガシ

    三社参りということで、平松神社へ願掛けに行ってきました。
    石段に落ちていたドングリハート(赤) これが目的で選んだ神社です・・・(*^-^*)ゞ
    うふふ、イチイガシみ~つけた!

    イチイガシ

    イチイガシの特徴は、この星状毛。若い葉っぱは星状毛で覆われています。
    ドングリの肩もビロード状の毛が生えていて、わかりやすい いい子です。
    アクも少なく、生でも食べられるということだったけど・・・
    ここには食べられそうな新しいドングリがありません・・・探しに行こう!ドングリ

    web拍手 by FC2
    花壇菜園で
  • ナノハナ

  • ナノハナ

    いちめんのなのはな
    いちめんのなのはな
    いちめんのなのはな

    この季節にぱっと明るくなったような風景に、車をとめて ながめてきました

    いちめんのなのはな・・・
    山村暮鳥の「風景 純銀もざいく」を思い出します。
    風が運ぶ なのはなの香り、春と同じで少しむっとする春のにおいでした。

    ナノハナ

    でも、なのはな畑のむこうはまだ冬の風景・・・
    それでも何となく嬉しかったので。

    web拍手 by FC2
    …どんぐり
  • カシワ

  • カシワ

    カシワの木には、樹木を守護する神「葉もりの神」が宿るといわれています。
     それで、冬になっても枯れ葉を落とさず、こんないでたちに・・・
       風に吹かれてカサコソ、カサコソ 葉っぱのささやきが聞こえてきそう・・・
          枯れ葉は、春に新芽が育つまで枝に留まっています。
      厳しい冬を枯れ葉をまとって、あたたかく子どもを護っているカシワ・・・ なのですね^m^

    カシワのことを調べているうちに、清少納言「枕草子」にたどりつき
       柏木、いとをかし。葉守の神のいますらんもかしこし枯れ葉
    「カシワはとても趣がある、葉守の神がいらしゃるというのもおそれ多い」という意味なのかな、うまく訳せませんが・・・

    カシワ

    カシワのどんぐりです。どんぐりもまた、大切に守られてる感じがします。
    いつか、カシワの林を歩いてみたい。きっと大きな葉っぱのをかしの森じゃないかと・・・思うのです。

    web拍手 by FC2
    …どんぐり
  • マテバシイ

  • どんぐりの背比べ 実物大です。クリックしてね。

    去年見つけたどんぐり、 背比べをしてみました。
    実物のクヌギやマテバシイは大きいなぁって思うけど、平面で見ると大きな差が出てこない…
    でも、マテバシイは デッカイどんぐり!って感じです。
    今日はマテバシイ。
    マテバシイはアクが少ないって書いてあったので食べてみました。
    殻を割ると、アーモンドみたいな感じ、生でかじってみたけど…イマイチ
    オーブントースターで焼いてみました。香ばしくてもちっとしてて美味しい (*⌒~⌒*)
    でも、シイのほうが味はいいかな、マテバシイは大きいから食べやすいどんぐり。

    マテバシイ

    葉がマテガイに似ているから、マテバシイ。
    学名の種小名の edulis は「食べられる」と言う意味だそうです。

    web拍手 by FC2
    季節の挨拶など
  • あけましておめでとうございます。

  • A Happy New Year!

    元旦の朝、願うことは「これからはじまる一日一日が好きになれますように・・・」( ̄人 ̄)

    こんなに楽しい毎日を過していながら贅沢ですよね。
    皆さんとの大切な思い出を、お花にありがとうの気持ちを添えて届けます。

    今年も、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>
                                        2010年 元旦




    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ノアズキ ヤブツルアズキ

  • ノアズキ ヤブツルアズキ 

    赤飯を食べながら…アズキの親戚のことを思い出していました。
    左はノアズキ、右はヤブツルアズキ。アズキの花によく似ています。

    「ヤブツルアズキは、右翼弁は竜骨弁をだき、左翼弁は竜骨弁の距に内側から押し広げられている。」と図鑑には書いてありますが、写真を見てもピンときませんね (^_^;)ゞ

    そして、花のつくりには巧妙なしかけがあって、
    アルファベットのCの字形の竜骨弁の中に、一体化したおしべとめしべが入っていますが、向かって右側の翼弁に虫が止まると、下方に下がり、それに連動して竜骨弁が動き、おしべとめしべの先端が虫の背中をたたくそうです。「野の花さんぽ図鑑」より

    お正月早々ややこしいです。 <(_ _)>

    そんな固い話はこれまでにして…

    ヤブツルアズキ

    筒型の竜骨弁をソックスにして、かわいい豆が伸びてきています。

    web拍手 by FC2
    該当の記事は見つかりませんでした。