花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
山歩き
  • 秋の山を歩こう

  • 熊が峰

    今日は市民の森主催の山歩きに参加しました。
    コースは熊が峰~戸町岳、植物を観察しながらのゆっくり歩きです。

    ヌルデ

    最初に出会ったのは、秋に綺麗に紅葉するヌルデモミジ、
    「昔の人は塩代わりに利用していたそうです、なめてみませんか?」とタブチさん。
    ・・・ ヌルデって、「ウルシかぶれになるかも」って聞いた事のある私はドッキリ!

    web拍手 by FC2
    木本
  • ヌルデ

  • 全体

    こんなに背の高いヌルデに気がついたのは・・・

    葉

    小さくて丸っこいて、かわいい葉が落ちていたから。
    見上げてもヌルデとは思えないくらい高い。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • フタリシズカ

  • フタリシズカ

    9月中ごろの写真です。ちょっとネタ切れ・・・ (^_^;)ゞ
    裏山のフタリシズカに種子ができてるからと、撮ってきた写真を見て
    あれれ

    こんなところに・・・

    こんな所に、花がさいてたっけ?と調べてみたら
    「夏に茎の下部の鱗片葉の腋から、閉鎖花の花序をつける」と書いてありました。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • オニカナワラビ

  • ナンダロウ?

    いつも通るたびに「カナワラビの仲間なんだけど・・・」と思いながら登ります。

    オニ?

    すらっとしてて、かっこいいんです。
    私の中では「鬼とつくほどトゲトゲしていないけれど、オニカナワラビ?」と思ってて

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ホウビシダ

  • ホウビシダ

    国指定の天然記念物に指定されている谷を歩いて来ました。
    暖地性シダがうっそうとして、足を踏み入れると 
    じつは数年前もここを歩いたんだけど、その時はヤブこぎ~って感じでした。
    私の変化もおもしろい  (^_^;)ゞ

    ホウビシダ

    シロヤマゼンマイやミヤジマシダなど、カッコイイシダはいっぱいあったけれど
    今日は、まだアップしていないホウビシダです。
    壁一面にホウビシダが群生ししていて、この岩がホウビシダのはじまりのようす?

    web拍手 by FC2
    木本
  • アキニレ

  • アキニレ

    なぜか、アキニレって名前も気に入っています。
    それが五蔵大池に群生しているアキニレの写真を見て、どうしても一目みたくて
    ちょうど紅葉してるかも、花も果実も見ることができるかもと・・・秋の一日を使って行ってきました。

    アキニレの群生

    アキニレの林を抜けると、「幻の五蔵池」です。広さは約2ヘクタール。
    梅雨時には降った雨水がたまって池ができるけれど、今は干上がって草原が広がっていました。
    アキニレの林、気持ちよかったよ~♪

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • テツホシダ

  • テツホシダ

    北の妖精さんヒメシダをアップした時、
    こまつなさんから「テツホシダはこんな雰囲気で湿地に群生する」って教えてもらいました。
    長崎にあるなら、あそこしかないとボランティアの帰り道に尋ねてみたら
    あった!
    もう、日が傾いていたので夕日の中、1時間くらいテツホシダの中で遊びました。

    穂?

    頂羽片がなんとなく穂状にみえるからテツホシダなのかしら、
    葉質がやや革状、つやがあって、ほとんど直立しています。

    web拍手 by FC2
    ボランテァ日記
  • コスモス

  • 長崎チョコモス

    植物園のコスモスが見ごろを迎えました。手前のは長崎チョコモス
    花粉はチョコレートの匂いがします。

    パステルカラー

    パステルカラーのイエローキャンパスやオレンジキャンパスも好き。

    じつは、畑の草取りから帰ってくるとき写真を撮ったのですが
    事務室に入るなり「チョコレート食べた?」と聞かれて
    私がコスモス畑で遊んできたことがバレバレでした・・・(~_~;A


    web拍手 by FC2
    木本
  • ツタ

  • ナツヅタ

    昨日は樹木版設置の調査をしながら、ツタを教えてもらいました。
    「ツタ」って身近にあるのに、深く考えたことがありません
    冬でも常緑のウコギ科のキヅタを「フユヅタ」とよぶのに対して
    ツタは落葉するので「ナツヅタ」とよばれるそうです。

    ナツヅタ

    ツタはブドウ科、こんなに色づいていればツタとわかるけれど
    じつを言うと、野山ではノブドウくらいにしか思っていなくて、
    知ってるつもりで気がつかなかった植物がまだまだありそうです。

    web拍手 by FC2
    湿地・水田の植物
  • ツクシクロイヌノヒゲ

  • 黒い

    このホシクサも黒い・・・めしべとおしべが見えている。なんだか可愛い・・・
    名前は・・・ (^_^;)ゞ ツクシクロイヌノヒゲと教えてもらいました。

    ツクシクロイヌノヒゲ

    でも、黒いというよりちょっと黒褐色かな?う~ん
    もう果実になっているのかもしれません。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ヒメシダ

  • ヒメシダ

    キセルアザミやヤナギアザミをながめながら湿地をかきわけて進むと・・・
    くさん! 羽片がはねて、んでいるように見えました。
    シダも若い時がきれいだと思っていたけれど、
    紅葉しかけた湿地の中で、あたたかい色に変わりつつあるヒメシダもきれいです。

    胞子葉
     
    去年の秋から、ヒメシダの胞子葉がはっきり見たかったのです。
    これこれ

    web拍手 by FC2
    湿地・水田の植物
  • クロホシクサ

  • クロホシクサ

    水が引いたため池や田んぼを歩くと、時々めずらしい花に会います。
    これは私の好きなホシクサ属の花みたい、名前を同定するのは難しいんだけど
    過去の記録と外見を照らし合わせてクロホシクサとしました。

    黒い・・・

    いつもみるホシクサは白いのだけど、黒い!
    可愛い・・・カッコイイ!ステキ!!なんて、一人つぶやきながら
    田んぼに這いつくばって撮りました。

    web拍手 by FC2
    湿地・水田の植物
  • ミズネコノオ

  • ミズネコノオ

    ミズネコノオに会いたくて湿地めぐりをしたこともありました。
    現れたのは・・・

    小さい!

    5cmくらい? コレハ ナンダロウ?というくらい小さい  ^m^ 

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • カラクサイヌワラビ

  • ツクシイヌワラビ

    光田先生にご指導いただいて、カラクサイヌワラビです。
    シダを考える時はやはり典型的なものを選らばないと、難しいとわかりました。
    ほんとにありがとうございました。

    ツクシイヌワラビ

    小型なので図鑑で見るカラクサイヌワラビとは雰囲気が違うけれど
    小羽片が丸っこくて、前側がちょこっと耳状で鋸歯縁ってところが似てます。

    ソーラス

    web拍手 by FC2
    ボランテァ日記
  • ムジナノカミソリ

  • ムジナノカミソリ

    キツネノカミソリではなくて、ムジナノカミソリです。
    この花が植物園に来てかれこれ4年になるのですが、化かされたみたいに行方不明でした。
    今、探しださなくちゃ、また見つけられないと思って何度も探したのですが・・・
    ちょっと遅かったです。ごめんなさい。

    ムジナノカミソリ

    でも、生きていました  雑草の中から花をひょいと咲かせて・・・
    全部咲き終わって、もう最後の1本でした。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • タニイヌワラビ

  • タニイヌワラビ

    イヌワラビの仲間調べも まよってばかりで一向に進まず
    わかったものから一つづつ確認していこうと思います。
    まず、長崎に一番多いのはタニイヌワラビ、冬でも緑の常緑性です。
    これしか見分けられないから一番多いと思うのかもしれないけど (^_^;)ゞ

    春

    でも、やっぱりきれいなのは春で、新しい葉を叢生していました。
    赤紫色を帯びた葉軸、羽軸に若草色が目立ちます ^m^

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • トチバニンジン ソウシシヨウニンジン

  • トチバニンジン

    トチバニンジンの果実に出会いました。たくさん花が咲くのに果実はまばらです。
    結実率が悪いのかなぁ・・・と思って

    拡大

    拡大してみると・・・こんな感じです ^m^ 

    web拍手 by FC2
    山歩き
  • たどりついたら遠目山

  • スギの木

    枝ぶりがおもしろいスギの林を抜けて、いよいよヤブ突入です。目指すは○×△山
    とりかかりがわからず、地図を片手に山へ登れば行き止まりの繰り返し・・・

    ココハ ドコ? 

    でも、いろんなお花に会えて、秋の野山を気持ちよく歩いて来ました。

    シロバナコシオガマ

    マリリンモンローの唇形のピンクと比べて、コシオガマの白花は清楚な雰囲気  ^m^
    一株ではなくて、ここの登山道は全部白花でした。

    web拍手 by FC2
    山歩き
  • 西海市の自然(2)

  • 蛇紋岩地帯

    西海市は貴重な植物が多く、長崎のホットスポットです。
    たとえば、この渓流は蛇紋岩が風化して黒くみえます。
    ここにはムラサキセンブリやドウダンツツジ、ハクチョウゲ、ヤマラッキョウなどが自生して
    木々も葉が細くなったり、小型化したり、蛇紋岩地域らしい植生が発達していました。

    ナンダロウ?

    説明を聞きながら散策していると、ずっと名前をきめかねていた野菊に出会いました。
    「これはサツマシロギクです。」と聞いたときの感動・・・

    サツマシロギク

    2年前と同じ場所で、変わることなく小さな蕾をたくさんつけていました。
    イナカギクかなぁ、シロヨメナかなぁとシロヨメナの仲間で迷っていた花です。

    web拍手 by FC2
    該当の記事は見つかりませんでした。