花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • ヤクシマホウビシダ

  • ヤクシマホウビシダ

    日でシダ200種になりました。
    200種の記念は、私が長崎で初めて見つけたヤクシマホウビシダです。
    いつも水が滴るような、渓流沿いの一角に生えていました。

    小さい

    写真を見て「ヤクシマホウビシダかもしれないよ」って光田先生に言ってもらえたので
    標本をとって、同定をお願いしてもらいました。
    葉面の組織が2層だったんで、ヤクシマホウビシダです。

    お蔭さまで200種目のいい記念になりました、ありがとう~~

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • オワセベニシダ

  • オワセベニシダ

    ベニシダの仲間は難しいです。
    でも、検索表をたどるとあっけなくオワセベニシダにたどりつきました・・・

    ソーラス

    羽軸や小羽軸に基部が丸く膨れた袋状の鱗片がついてます。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ヌカイタチシダモドキ

  • モドキとマガイ

    困り果ててる私をみて、「比べてみると違いがわかるかもしれないね」って、
    モドキとマガイを寄せてもらいました。ボケてるけれどこの写真があったから
    ヌカイタチシダモドキとヌカイタチシダマガイは、これじゃないかなと思います。
    ヌカイタチシダモドキの方が葉色が黄緑色で、ヌカイタチシダマガイは色が濃くツヤがありません。

    ヌカイタチシダモドキ

    まずヌカイタチシダモドキから、葉身は広卵状三角形、葉質は革質。
    これは2回羽状複生で、羽片はほぼ対生して羽軸は弓形に曲がっています。

    マガイとかモドキとか、いつもなら 勘弁して~って思うんだけど
    3月に光田先生に教えてもらっていたので、来たか!とココロの準備ができていました (^_^;)ゞ

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ヌカイタチシダマガイ

  • ヌカイタチシダマガイ

    きれいな形・・・
    山の中で見たときはとにかく???の連続で楽しむことができなかったけれど
    こうして、写真で振り返ってみると、もっとよく見てくればよかったなぁ・・・
    細かいところばかり見て、全体を楽しむことを忘れていました。

    最下羽片

    最下羽片の下向き第一小羽片は短くて

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • サトメシダ

  • サトメシダ

    京都で光田先生に教えていただいたサトメシダです。
    大きく広がってるし、ナヨナヨしてるし、写真にしにくいシダで、
    形を整えようとさわると、ポキポキ折れるし・・・
    どうにかしてよ!!と文句を言ってるうちに、他の植物のウワサが流れてきて
    それっきりになってしまった、かわいそうなサトメシダ。。。

    葉身は三角形、3回羽上深裂~全裂、淡い緑色でうすい草質。

    最下羽片

    最下羽片だと思うんだけど、小羽片は短い柄があり鋭頭、小羽軸まで深く切れ込んで、
    裂片は大きさによって形が変わり、画像検索すると全体の雰囲気が変わるくらい変異があるようです。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • オオフジシダ

  • オオフジシダ

    繊細で形の整った美しいシダです。暗い岩についてても あれ?って思うくらい。
    でも、他にもきれいなシダがついていて、目移りして堪能できませんでした  (^_^;)ゞ

    オオフジシダ

    フジシダを集めて、一つにしたようなオオフジシダ
    会いたかったシダの一つで、うれしかった。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ミツデウラボシ

  • 紅葉

    今日は学生の頃の女子会でした。
    紅葉を見て、美味しいもの食べて、美術館というコース  ^m^

    ミツデウラボシ

    窓の下にある岩についているのはミツデウラボシ
    日本庭園にはシダもよく似合いますよね

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ビロードシダ

  • <br>??

    ノキシノブでもなさそうだし、ヒメでもなさそうだし・・・
    あたりの大木は、みんなこのシダがついています。

    あ!そうだ!

    近寄ってみると・・・フワフワした感じ。
    そういえばビロードシダなんてあったけど・・・カメラを持ってない!

    というわけで、コンデジで撮ったので細部の写真がないのです。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • タカクマヒキオコシ

  • タカクマヒキオコシ

    ヤマハッカの仲間は難しいと思っていたけれど
    これはいつも見る、ヤマハッカやヒキオコシとは違うものだとすぐわかりました。

    日向のタカクマヒキオコシ

    でも、日当たりの良いところに咲くこの姿はヤマハッカそっくり。(クリックすると大きくなります)
    きっと、上の写真の花に出会っていなかったら、ヤマハッカだなと通り過ぎていたと思います。
    よく似たものにイヌヤマハッカがありますが、分布を考えても、タカクマヒキオコシかな。

    ヤマハッカの仲間はよく似ているので、各部分を細かく見てみました。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ミサキカグマ

  • ミサキカグマ

    検索表をたどっていくと、ミサキカグマになります。
    葉が枯れ始めていたから、夏緑性のシダで

    最下羽片

    3回羽状深裂、最下羽片が最大で有柄。ナガバノイタチシダの仲間のような気がしたんだけど・・・



    web拍手 by FC2
    海辺の植物
  • ソナレノギクって呼んでいい?

  • ヤマジノギクの海岸型

    6年も前からヤマジノギクの海岸型って呼んでいたこの花のこと
    ソナレノギクって呼んでいいですか?
    高知県柏島のものに命名されたと書いてあるけど、そっくりなのです。

    ソナレノギクって呼んでいい?

    海岸の岩場にはえるヤマジノギクの変種、茎ががっしりして太く
    主茎は短く、多くの枝を分けて斜上してます。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ハナワラビの仲間

  • アカハナワラビ

    ぱっとみた時フユノハナワラビだと思いました。
    ずっとハナワラビの仲間は調べなくちゃ・・・と思っていたんだけど後回しになってて、
    帰って図鑑を開いてみると、ハナワラビの仲間って多いんですね、 (◎_◎)びっくり~

    栄養葉

    よく見ると葉は3出状に4回羽状くらい切れ込んで、粗い鋸歯があります。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • フユノハナワラビ

  • フユノハナワラビ

    シダに興味がなかった頃でも、花が咲いたみたいで好きだったフユノハナワラビ。
    淋しくなった草原に、金色に輝いた胞子葉をみつけると嬉しかった。
    でも、これは今まで見た中で一番不恰好なフユノハナワラビかもと笑ってしまいました。

    ほっそり

    こちらは、ほっそりスマートなフユノハナワラビ・・・

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • オオハナワラビ

  • オオハナワラビ

    もっとカッコいいオオハナワラビの写真がないか探したのです。
    ハナワラビの仲間では大きい方だと思うのですが、こんなに荒れ狂ってなくて
    きれいな形の葉も多いのですが・・・

    オオハナワラビ

    葉は3出状に3回羽状に深裂して、ほぼ5角形。
    羽片は最下のものが最大で、上に向かって急に小さくなってます。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • アサマリンドウ

  • アサマリンドウ

    アサマリンドウは「朝熊七草」の一つだそうで、漢字で書くと「朝熊竜胆」
    リンドウより花色がうすくて、草丈は低いのに頭でっかちで目立ちます。

    草丈10cm

    これは草丈10cmくらいで直立、ぱっと開いたガクも可愛い。
    それに、林道わきにさりげなく咲いてるのがうれしい。


    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • オトコシダ

  • otokosida.jpg

    思わず 「かっこいい~ 」と言ってしまったオトコシダ
    どうしてオトコシダなんだろう? (クリックすると大きくなります)

    最下羽片

    大きな個体だったので、2回羽状複生。最下羽片が切れ込んでいます。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • 渓流の植物

  • タチゲキハギ

    時には水没するような川岸の岩のすき間に、しがみつくように生えている植物。
    特殊な環境に隔離遺存して、小さくなったり、葉が細くなったり
    このキハギも、タチゲキハギとかホソバキハギなど品種名をもっているそうです。
    もしかしたら、このスゲも珍しいのかもしれない。。。 (^_^;)ゞ

    キハギの花ですね ^m^

    ほとんど果実だったけれど、残り花み~っけ!
    キハギらしい花が咲いていました。

    今日はまとめて渓流で出会った植物ダイジェスト・・・こうでもしないと紹介できません (^_^;)ゞ

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • キイイトラッキョウ

  • 渓谷

    深い原生林に切り立つ岩も、流れる水も、とても美しいと思いました。
    そして、そこに生きている植物もおもしろい・・・中でも楽しみにしていたキイイトラッキョウ

    あった!

    河川におりて岩を歩いていると、かわいいキイイトラッキョウが目に入りました。
    あった~ この花もぜひ見たいと思っていた一つです。

    web拍手 by FC2
    海辺の植物
  • ハマアザミ

  • 太平洋

    和歌山は海岸線もきれいです。
    太平洋から登る朝日をみようと、朝6時に海辺の散歩をしました v(^^*)

    わぁ~♪

    あんなに楽しかったのに、1週間たった今ではずっと昔のことのように思えます。

    ところで、長崎のオイランアザミと比べて、ハマアザミはどんな姿なんだろう?
    海辺にハマアザミに似たのがあるけど違うのかな?って、いつも思ってました。
    それで、前日の夕暮れに「ハマアザミなら近くにあるよ」と案内してもらいました アリガト
    日が落ちないうちにと駆け足で・・・走る、走る~ 俺たち~

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ヨシノアザミ

  • ヨシノアザミ

    秋のアザミは難しくて、旅行先で出会ったアザミなど毎年悩んでしまうのだけど
    今回はヨシノアザミと教えていただいたので、秋のアザミ一つクリア (^O^)/

    葉

    上の写真の根元のほうです。
    ヨシノアザミはナンブアザミの変種で、中国・近畿地方、四国の一部に普通に咲いているそうで
    この日も小さいものから背丈くらいあるものまで、たくさん出会いました。
    花時に根生葉はなくて、茎の下部の葉が大きくなっています。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ホオノカワシダ

  • 熊野古道

    植物観察でいっぱいいっぱいの中を、雰囲気だけでもと案内してもらった
    熊野那智大社へ登る 杉並木に囲まれた石段「大門坂」
    こんなに大きなスギの木、みたことがありません。

    わぁ!

    見上げると何処までも高く、力強く伸び上がっています。
    南紀の森の中は、空中湿度が高くしっとり
    その空気が気持ちよくて、やっぱりもう一度この道を歩いてみたいと思いました。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ナチシケシダ

  • 那智の滝

    写真では迫力が出ませんが、ごおごおと音をたてる那智の滝
    去年の台風の爪あとは、まだ癒えていませんでした。

    それで、那智の名のつくナチシケシダをひとつ

    ナチシケシダ

    民家の石垣に生えていました。
    「うん、これはシケシダの仲間だとわかるかも」と触ってみると分厚い わかったぞ~!って思ったけど
    帰って調べてみると私が頭に思い描いていたのはシケチシダだし、まったく違った (^_^;)ゞ
    もう一回調べなお~し だめだ・・・ナチシケシダは難しそう・・・(ToT)

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ツリガネニンジン

  • ツリガネニンジン

    この時期に旅行する時はいつも、「会えるかも!」と密かに期待していたツリガネニンジン
    やっとやっと 出会えました。(クリックすると大きくなります。)
    ツリガネニンジンの分布は北海道から九州になっているけれど、
    九州でよく見かけるサイヨウシャジンとの違いがわかりません。
    「本場のツリガネニンジンが見てみたい!」という思いがかなった 嬉しい日でした。

    (^O^)/

    言葉では表しにくいけれど、ツリガネニンジンはサイヨウシャジンより花が一回り大きく、
    ふっくらしていて可愛い!見た感じが違います!!
    そんな気持ちを、案内してくださったstellaさんにバッチリ撮られていました・・・

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ホナガタツナミソウ

  • ホナガタツナミソウ

    ホナガタツナミソウの特徴は、葉が茎の下部に集まる傾向があって
    上にいくにしたがって葉が小さくなるということでした。

    果実

    でも、秋の草姿は初夏のものと違い、茎の上部にある葉が大きくて目立ちます。
    ホナガタツナミソウは長崎には分布がなく、もういつ会えるかわらないので、
    秋のホナガタツナミソウとしてアップしたいと思います。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • タニヘゴ

  • タニヘゴ

    先生の隠し玉?のタニヘゴです。湿地に一株だけ
    足を踏み入れることができなかったので、遠くから撮影しています。
    夏緑性のシダなので、春だったらもっと生き生きしていたかもしれないけれど
    長崎では見ることができないから、嬉しかった。

    先端

    それが、たった一株なのに、標本をとって下さって
    ハーイ!(^O^)/と手を上げると、私のところへ飛んできて・・・
    タニヘゴの姿を近くで見ることもできました。<(_ _)>アリガトウゴザイマシタ

    web拍手 by FC2
    山歩き
  • 念願の・・・

  • 観察会

    秋空の気持ちのいい日に、光田先生の観察会に参加させていただきました。
    この日は茶畑が広がり、鶴の子柿がたわわに稔る、京都の宇治田原町の散策、
    総勢30人あまりの関西のおかんはにぎやかで、楽しくて・・・負けそうでした・・・  (^_^;)ゞ

    先生~♪

    はじまりは、稲刈りの済んだ田んぼのなか
    光田先生の解説は関西弁なので、私には漫才を聞いているみたいで笑ってばかりです。
    それに水田雑草は好きなので、座り込んで探してみました。
    う~んφ(・・。)ゞ ウーン 京都と長崎と変わらないかなぁ・・・♪

    web拍手 by FC2
    木本
  • コウヤボウキ

  • コウヤボウキ

    長崎にはナガバノコウヤボウキしかないので、一度みたかったコウヤボウキです。
    ナガバも可愛いけれど、コウヤボウキはひとつの花が大きくて もっと可愛い ^m^

    ひとつ

    花が大きいのは、コウヤボウキが枝先に1つしか花を咲かせないから?
    それに中心がピンクで可愛いな、と見つめていると・・・ 

    ※花かんざしさんから「コウヤボウキの花がナガバより大きいのは、小花数が多いからかも知れませんね。コウヤボウキの頭花には13個内外の小花がありますが、ナガバノコウヤボウキの頭花には5~6個の小花しかないようです。」とコメントをいただきました。確かにそうですね。納得です (^O^)/

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • サルマメ

  • サルマメ

    受信機から「サルマメですね」と聞こえてきたので、飛んで行きました。
    この日の一番、サルマメ!楽しみにしていました (^_^;)ゞ

    このくらい

    サルマメはサルトリイバラに似ているけれど小さくて、果実が数個、可愛い!

    web拍手 by FC2
    該当の記事は見つかりませんでした。