花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • ヒトモトススキ

  • ありがとうございました。

    ヒトモトススキは別名シシキリガヤ、葉の幅は1cm前後で広いわけではないけれど
    硬くて厚くて縁だけでなく鋸歯状のざらつきがあるので、「猪をも切ることができる。」ということみたい。
    草丈は私の背丈をはるかに越えていました。

    一本薄

    その特徴から、長崎の県北地域ではお正月の魔除けにシシキリガヤを使っているということなので
    今年の締めくくりは、ヒトモトススキにしました。
     
    一年間ありがとうございました。

     一緒に散策した花友さんたち楽しかったね、解らないときは相談にのってくれてありがとう! それから、植物についてのご指導をいただいた皆さんにも感謝しています。一人では、こんなに深く理解することができませんでした。 遠く離れていても、植物でつながっているブロ友さんにもありがとう一人ではなかなか続かないけれど、初めて見る植物に出会った喜びを何倍にもしてくれました。

     今年は敬遠してきたイネ科、カヤツリグサ科も小さな発見ができて楽しくなりました。こぶがいっぱいついたアオテンツキのそう果、毛むくじゃらのシカクイの花被片などルーペを覗き込んで「これだ!」と喜びました。まだ、攻略するには何年もかかりそうですが、足元にたくさんの楽しみがあるのがステキです。

    web拍手 by FC2
    …イネ科イグサ科
  • ニワホコリ

  • ニワホコリ

    上手に草取りするためには、相手のことを理解しなければ・・・
    と、畑の雑草にも手をつけたのですが、見た目では似たのが多く
    スズメノカタビラ?ニワホコリ?スズメガヤ??? 
    みっちゃん先生やこまさんに褒められたので調子に乗って
    よーし攻略してやろう と思ったけど・・・

    小穂

    小穂は長卵形、護頴の長さが約1.5mm、4-8個の小花があるということでニワホコリの仲間。
    検索表をたどるとここまではすぐわかりました。イネ科は属がわかれば種類は少ないと聞いたけれど・・・
    図鑑を見てみると、外来種がいっぱい・・・

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • クロテンツキ

  • クロテンツキかな?

    テンツキの仲間ということはわかるけれど、テンツキの仲間もいろいろあり、
    一つ一つチェックしているとふりだしに戻ってわからなくなる。

    黒い

    ええぃ、小穂が黒っぽいからクロテンツキということにして
    特徴が一致するか確認してみました。

    web拍手 by FC2
    花壇菜園で
  • ミセバヤ

  • メリークリスマス

    巷ではクリスマスのようです。でも、そんな雰囲気がない我が家です。
    子どもが大きくなるとちょっと淋しいですね。
    せめて今日の花は派手な色のものにしましょ  (^_^;)ゞ

    ミセバヤ

    高野山の法師が「君にみせばや」と詠んだ和歌にちなんで名づけられたそうです。
    花が終わって、きれいに紅葉して、地上部が枯れ、今は休眠芽かな?

    web拍手 by FC2
    ボランテァ日記
  • マルバテイショウソウ

  • ありがとうございました

    去年の12月、杉の間伐のための作業道が切り開かれようとしていました。
    ちょうどその下にマルバテイショウソウの自生地があります。
    これはマズイといろんな方の応援を頂いて、行政に相談してもらいました。
    皆さんのおかげですぐに移植、その株が咲きました。
    目印にたてた竹は、この山の登山者の皆さんが踏まないようにとの指標にもなって
    どの株も元気に育っています。ありがとうございました。

    小さな花

    目立たないけれど、よく見ると可愛い花が3つで一つ

    web拍手 by FC2
    キノコ
  • クヌギ林のキノコ

  • クヌギ

    元気な森を作るためには間伐や除伐が必要です。この木は立派なクヌギだと思ったけれど
    もはや老木で、もっと早くに萌芽更新が必要だったのだそうです。
    最近の私、林業に励んでいます 

    間伐

    よくみてみると、枯れたクヌギの木も多くて10本に1本の除伐は枯れたものは根っこから
    萌芽更新してくれそうなものは、地上1mくらいの高い位置で切りました。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ヒヨドリバナについて

  • hiyodori11.jpg

    日当たりのいい田んぼの畔に、大きく育ったヒヨドリバナ。
    3年前にヒヨドリバナのことがわからなくなって、ほったらかしにしていたのですが
    Flora of Japanの記述を読んでみると、平凡社の図鑑の内容とは大きく変わっていました。
    英文なので上手く訳せたのか不安なので、教えて下さい。

    花

    ヒヨドリバナには3倍体のヒヨドリバナと、葉が3裂する2倍体のキクバヒヨドリがあるということです。
    3倍体のヒヨドリバナは、ヒヨドリバナ倍数体、オオヒヨドリバナとよばれているので
    今日は、区別するためにヒヨドリバナ倍数体とよぶことにします。
    ヒヨドリバナ倍数体は大型にもなるけれど、変異が多いように思います。
    花も散房状に多数つけますが、大きさや冠毛だけでヒヨドリバナを区別するのは難しいみたい。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • サケバヒヨドリ

  • サケバヒヨドリ

    サケバヒヨドリは、ヤマヒヨドリとヒヨドリバナの中間型です。
    茎や葉に毛がなく、葉表に光沢があります。

    葉

    8月17日の写真ですが、まだ花が咲いていませんでした。
    葉の基部は丸めまたは心形なのだそうで、だいたいあってるかしら?

    キクバヒヨドリとサケバヒヨドリの違いがわからなくて3年前に挫折したのです (^_^;)ゞ

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • ハナビスゲ

  • ハナビスゲ

    ハナビスゲは線香花火でなく、ススキ花火、
    「ハナビスゲがあったよ~♪」と花友さんが呼ぶ声に飛んで行きました。

    花火

    数日前に「ハナビスゲがみたい」とさんがつぶやいて、初めて知った名前でした。

    なんて幸運 

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • ナキリスゲとコゴメスゲ

  • コゴメスゲとナキリスゲ

    ナキリスゲとコゴメスゲの違いを比べてみた。
    草丈は同じくらい。

    葉の色

    葉の色は、コゴメスゲが明るい。

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • コゴメスゲ(コゴメナキリスゲ)

  • コゴメスゲ?

    草丈1m16cm、小穂20個前後、葉幅2-4mm。のっぽなナキリスゲの仲間ってかんじ。
    小穂はナキリスゲより細くて数が多く、葉の色が明るいことや

    果胞

    果胞の大きさが2.5mmくらいと小さいことから、コゴメスゲだと思います。
    長崎にはコゴメスゲのほうが多いのかな?
    持ち帰ったサンプルは、ほとんど果胞のサイズが3mm以下なのです。

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • ナキリスゲ

  • ナキリスゲ?

    12月になってもまだ観察できるのはナキリスゲしかありません。
    でも、ナキリスゲって難しい、これは10月29日に撮影したものです。
    ナキリスゲをみて歩いて、かれこれ1ヶ月・・・う~む 

    せめてナキリスゲがわかれば、その仲間が区別できるのにとアップしてみることにしました。

    先端

    ナキリスゲは湿気のあるところが好きみたいで、
    今年の秋はため池巡りの途中、林下でよくみかけました。
    これは一株日向に連れてきて写真を撮ったもの。

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • コウボウムギ

  • コウボウムギ

    もうイネ科、カヤツリグサ科も終わりですね・・・
    でも、冬の砂浜でコウボウムギが気持ちよさそうに日向ぼっこしていました。

    筆

    てっきり、この花序が弘法大師の筆なのだと思って 
    かすれた芸術的な文字が書けそうと思ったけれど
    茎の基部の古い葉鞘が分解して、残った繊維を筆として使ったそうで別名フデクサ

    web拍手 by FC2
    海辺の植物
  • ゲンカイイワレンゲ

  • 断崖

    日当たりのいい岩上に咲いているゲンカイイワレンゲ。
    東北以北のアオノイワレンゲと比べて、九州産のものは全体に大型なので
    ゲンカイイワレンゲと呼ぶそうです。

    こんな感じ

    小さいものもあるけれど、こんな感じで大きいですか?
    こちらのものしか知らないので、よくわかりません。

    ゲンカイイワレンゲ

    11月末はまだ咲き始めでした。

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • イソヤマテンツキ

  • テンツキの仲間だ・・・

    海辺を歩いているとテンツキの仲間のようです。
    ちょっとは予想がつくようになったみたいですか?
    もう枯れてたけど、これを緑色だと思えば変わらないと撮ってきました。

    ここのは1-3個と少なめ

    花序は枝分かれせず1-5個の小穂をつけています。

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • アキカサスゲ

  • アキカサスゲ

    「アキカサスゲはこちらには普通にあるけれど、珍しいって言われるんですよ」
    と、教えていただきました。スゲは難しい・・・
    これは教えていただいたのでわかったけど、とにかく一歩前に出てみよう

    花序

    真ん中のが雄小穂、周りのは雌小穂。

    web拍手 by FC2
    木本
  • リュウキュウマメガキ

  • 見つけたよ!

    見たかったマメガキ、見つけましたよ

    あれは?

    目的地へたどりつけず、グルグル回っているときに
    センダンでもないし、なんだろ?と車をバック。きゃ~マメガキだ!!
    ちょうどガードレールの高さに実ってるから写真も撮りやすい。

    web拍手 by FC2
    海辺の植物
  • イワレンゲ

  • イワレンゲ

    12月になったら、この花をアップしようと思っていました。
    いつも思うんです、クリスマスの花にピッタリだって・・・

    蓮華

    蓮華のようなロゼットから花序が伸び始めて

    web拍手 by FC2
    該当の記事は見つかりませんでした。