花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
キノコ
  • 3月のキノコ

  • クロハナビラニカワタケ

    キノコの観察会に参加させていただきました。
    これは「クロハナビラニカワタケ」今まで「キクラゲは間違えない!」と思っていたけれど
    主婦の勘なんてあてにならないと痛感  間違えて食べたかも
    雨が降っていたのでプルプルのゼラチン質ですが、乾燥すると縮み硬くなって色も濃くなるそうです。 

    クロハナビラニカワタケ

    それから、「ニカワ」という名前は知っていたのですが
    動物の皮を煮て作った接着剤→ニカワ、ぷるぷるのゼラチンです。
    ゆえに、名前は「黒い花びら状のニカワのようなキノコ」みたまんまですね( ´艸`)


    ホコリタケ

    時々見かける「ホコリタケ」
    漠然と知ってはいたけれど、別名キツネノチャブクロ
    直径が2~4cmほどでまだ若く、中はマシュマロのようでした。

    web拍手 by FC2
    木本
  • フサザクラ

  • フサザクラ

    フサザクラの花が咲いていました。ちょっぴり赤っぽい?

    花

    花びらがなく、赤い雄しべがふさふさとして裂開すると白っぽくなっています。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • トサコバイモ

  • トサコバイモ

    トサコバイモは前にもアップしたのですが、可愛かったのでもう一度
    マンサクが咲く早春に咲き始めるスプリング・エフェメラル

    紫

    長崎にはよく似たホソバナコバイモがあるけれど、
    トサコバイモは葯の色が濃紫色で、私の手袋と一緒の色。

    web拍手 by FC2
    …イネ科イグサ科
  • スズメノヤリ

  • スズメの毛槍

    ごくごく普通に見かけるスズメノヤリですが
    イネ科をはじめるにあたり、詳しく観察することに決めました。
    スズメノヤリはイグサ科・・・まだそこらへんもわかっていませんでした

    それで、スズメノ「ヤリ」は「槍」と思っていたのですが、「毛槍」のことで


    大名行列

    ちゅんちゅんスズメの大名行列 ( ´艸`)

    web拍手 by FC2
    山歩き
  • なごり雪

  • 晴れ

    下界は晴れているのに、山は白くなっています

    霧氷

    標高が高くなると、あたりは真っ白



    web拍手 by FC2
    …イネ科イグサ科
  • スズメノテッポウ セトガヤ

  • 葯の色

    葯の色が橙黄色のがスズメノテッポウ、
    今までそれくらいしか理解していなかったけれど、もうちょっと詳しく見てみます。
    スズメノテッポウとセトガヤは田んぼに混生していることも多くて並べてみると

    クリックすると大きくなります。

    スズメノテッポウセトガヤ
    小穂 3-3.5mm 広卵形
    芒の長さ 3mm
    花序は緑色で葯は乾くと橙黄色
    小穂 5-6mm 狭卵形
    芒の長さ 1cm
    花序は淡黄緑色で葯は淡黄色

    web拍手 by FC2
    木本
  • ミツマタ コショウノキ

  • ミツマタ

    和紙の原料ミツマタが咲き始めました。

    三つ又

    三つ又、三つ又に枝分かれするから「ミツマタ」

    web拍手 by FC2
    海辺の植物
  • 沖縄の海岸植物 最終回

  • 沖縄の海

    石灰岩の海岸には いったい何種類の植物があるのでしょう・・・
    お天気がよかったら、青い空と白い雲、さんご礁や白い砂、海水の色、緑の森
    そして、お花畑・・・
    きっとその風景ごと見せたかったのだと思うのですが、この日はあいにくの小雨でした。

    モクビャッコウ

    潮が満ちれば海の中に沈んでしまう岩についているのはモクビャッコウ
    軟毛に覆われたへら状の葉は灰白色で銀色に見えます。

    モクビャッコク

    花の時期は終わっていたのだけど、黄色い花が一面に咲くところをみて見たい
    今度訪ねるときは秋がいいなぁ・・・

    web拍手 by FC2
    …イネ科イグサ科
  • 沖縄の海岸植物 イネ科

  • イガイガ

    栗のイガのような総包をもつのは、クリノイガ属の何かということで
    これだけで名前が絞ってしまえそうです。
    この刺は太くて硬くて触ると痛く、総包に白い軟毛が密生しているのでシンクリノイガ。

    沖縄の海

    こんなにきれいな風景の中にいても
    シマアザミにおしりをチクチク刺されながら、植物観察 
    宝探しみたいに、海辺を彷徨いました。そのときに見つけたシンクリノイガ宝物です。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • キノボリシダ

  • キノボリシダ

    木に登ったキノボリシダをぜひ見たいと思っていました。
    でも、こんなにたくさんあるのに木に登ったのは一つもありませんでした。
    どうしてキノボリシダなんだろう?

    ソーラス

    いろんな植物の写真に写りこんでいても、わかりやすいから好き。

    web拍手 by FC2
    湿地・水田の植物
  • オオバタネツケバナ

  • クリックすると大きくなります。

    水辺に咲くタネツケバナをもう一つ、頂小葉が大きく
    草体がタネツケバナよりやわらかいので、オオバタネツケバナだと思います。

    花

    花もやさしい感じです。

    web拍手 by FC2
    湿地・水田の植物
  • タネツケバナ ミズタネツケバナ

  • タネツケバナ

    ぽかぽかお天気に誘われて、田んぼに出かけてみると、
    タネツケバナが一面に咲いています。

    タネツケバナ

    1本の姿。
    今更ですが、タネツケバナをはっきりさせよう  r(^^;

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ニシノオオタネツケバナ

  • タネツケバナの仲間

    スミレやサクラの季節に、「早く名前をつけてよ」と催促されているタネツケバナの仲間です。
    「タネツケバナじゃないことぐらいわかるでしょ、こんなに太いんだから」
    と言われても、図鑑に詳しい記述がないものだから後回しにしていました。

    ニシノオオタネツケバナ

    でも、まだオオバタネツケバナとの違いがよくわからずにいます。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ホクリクイヌワラビ

  • ホクリクイヌワラビ

    シダ友さん達から「これがホクリクイヌワラビ」と案内してもらいました。
    ソーラスがいろんな形のホクリクイヌワラビです。
    左側の栄養葉は葉柄が短く、羽片の幅が広くずんぐりしています。

    胞子葉

    胞子葉は羽片の幅が細く、葉柄60cm葉面37cm長いですね、
    葉先のほうがウラボシノコギリシダに似ています ^m^

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ナンカクラン

  • ナンカクラン

    「その先にヒメサザンカがあるからね」と言われても
    これは「ナンカクラン?長崎にはないけど沖縄にはよくあるの?」
    「これは長崎のよりでかいけど、ツルコウジ?」
    踏みつけられた草花を起こして写真を撮りました

    うーん

    あまりにたくさんの初めてを見るものだから
    だんだん感覚がマヒしてくる。

    web拍手 by FC2
    木本
  • やんばるの森の中4

  • サクラツツジ

    もう1ヶ月前のことになりますが、サクラツツジの好きな花友さんがアーチをくぐります。
    あの頃は沖縄はサクラの季節だった。長崎ももう春に手が届きそうです。
    桜色の花だからサクラツツジというのかな?

    ツツジ

    花は正真正銘ツツジです。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • タヌキシダ

  • クリックすると大きくなります。

    花友さんから「これがタヌキシダよ」と教えてもらったとき、うぎゃ!ベニシダの仲間だ・・・
    ヌカイタチシダモドキ、マガイ、オワセなど、ややこしいシダに似ているのです。
    ああ、一人でこのタヌキシダが理解できるのかな?

    ソーラス

    とりあえず、沖縄に分布がありそうなヌカイタチシダモドキの特徴とあわせてみました。
    羽片は中軸に直角についている。羽軸はごく短く、
    ソーラスは中間~中肋よりについて、包膜もある。
    羽軸や小羽軸の裏には基部が丸い小さな鱗片がついている。

    web拍手 by FC2
    木本
  • 沖縄のルリミノキ

  • リュウキュウルリモノキ

    1月のリュウキュウルリミノキは花と果実を同時に見ることができました。

    花

    花弁が反曲して可愛いリュウキュウルリミノキ、上を向いて咲いてくれるし
    ルリミノキとは花があればひと目で違うことがわかります。
    葉脈はルリミノキよりも狭い角度でなだらかに斜上しているところが相違点かな。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • オキナワクジャク

  • かわいい!

    尾根道で足元に可愛いクジャクシダみたいなもの発見
    急いで花友さんのところへ駆けつけると「ああ、オキナワクジャクよ」と普通にあるらしい ^m^
    それでも、私はおもしろくて
    3回羽状複生なんだ?・・・大きくなると小羽片が1-3個あるのね・・・でもけっこうイビツと思いながら

    いっぱい

    「ほら、たくさんあるよ」と指差した先には
    おもしろそうな植物の中に、オキナワクジャクが羽を広げていました。

    web拍手 by FC2
    …スミレ
  • 沖縄のスミレ

  • リュウキュウシロスミレ

    長崎もスミレが、ポツリポツリと咲き始めました。
    お初のスミレに出会うことは少なくなったけれど、今日は沖縄のスミレを3つ。
    最初はリュウキュウシロスミレ、アリアケスミレによく似ています。

    花の中

    側弁に毛あり、かまきりの頭
    リュウキュウコスミレに比べると数が少なく、探して回りました。

    web拍手 by FC2
    該当の記事は見つかりませんでした。