花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • ワタナベ通り

  • 何の葉っぱ?
    誰が名づけたのか「ワタナベ通り」、林道沿いにワタナベソウが続きます。
    でもこの葉のカタチ・・・キク科のモミジ○○や○○カサに似ていると思うのは私だけ?

    ワタナベソウ

    ワタナベソウはユキノシタ科ヤワタソウ属

    全体

    葉の大きさに比べると、なんて小さい花なんでしょう ^m^ でもとってもきれい!

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • ノハラテンツキ

  • ○○テンツキかな?

    「○○テンツキっていうんだろうな、これはわかるかも」
    と簡単に思っていましたが、なんのその… r(^^;

    ノハラテンツキ

    山中の湿った草地に、叢生するわけでなくパラパラとはえていました。
    ヤマトキソウやキンバイザサ、ヤマサギソウなどが咲いていて一日遊べそうな草原です。
    みんなが可愛い花たちを愛でている間に、私はカヤツリグサの仲間も・・・
    時間がいくらあっても足りません。
    今回は観察不足もあって、あやうくお蔵入りするところを助けていただきました。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • オチフジとラショウモンカズラ

  • オチフジ

    こちらでラショウモンカズラを見るたび思い出すのは、オチフジのことです。
    地面におちたフジの花のようだからオチフジ、
    もうずいぶん前の写真なのですが、背が低くて小さくて可愛い花でした。

    葉

    きれいに斑が入った葉。

    web拍手 by FC2
    山歩き
  • バイケイソウの山

  • ナニコレ?

    「今ならバイケイソウがきれいかも…」と、楽しみに登ったのですが
    花も咲いていないし、葉も枯れかけている。ナニコレ?
    バイケイソウは数年ごとに一斉開花すると聞いたこともあるので、今年は裏年?

    クリックすると大きくなります。

     (クリックすると大きくなります。)


    ガックリしてずんずん登って行くと、鹿よけネットの中には花がいっぱい咲いています。
    毒があるから食べないはずのバイケイソウも、花の毒は少ないのかしら?

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • キヨスミコケシノブ

  • キヨスミコケシノブ?

    昨日は雨の中を山登り・・・・1200m付近で「これがキヨスミじゃ?」なんて
    長崎で見ることのできるコケシノブの仲間で一つ残っていた、キヨスミコケシノブらしきシダ発見。
    でも、絶え間なく雨が降っているので、カメラが出せません。
    防水のコンデジで撮ったのですが、水浸しで何がなにやら

    ピンともあっていない

    ブレてるのか、ピントすらあっていません。ごめんなさい。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • クリンユキフデ

  • クリンユキフデ

    「九輪雪筆」綺麗な名前ですね、「雪筆」のような白い花が九輪のように段々に咲いているけど
    一番上の花序は長く、2番め3番目とかなり短いです。それでも九輪? ^m^
    イヌタデ属のようですがイブキトラノオ属、クリンユキフデはお初の花です。

    全体としては・・・

    鹿よけネットの中に咲いているので、上から撮るか、ネットを無視して撮るかしかなくて
    思うようなアングルで撮ることができません。
    でも、鹿よけネットがないところは坊主で、ササさえ枯れているから仕方ないですね。
    それに案外ネットってぼけてしまって写っていないのに、ビックリ ^m^
    茎は直立しているのです。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • カワリウスバシダ

  • クリックすると大きくなります。

    南国のシダだなぁと、つくづく思うシダ。
    名前を思い出せなくて、どこから調べたらいいのか思い浮かばない。
    そうだ、初めての科や属をみてみようと調べ始めました。
    ナナバケシダ科・・・七化け? 面白いですね。

    胞子葉 栄養葉

    カワリウスバシダ。常緑のシダなのですが、
    胞子葉は季節的に枯れるころのようで、先端部がないものばかりでした。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ヨツバムグラ

  • ヨツバムグラ

    たまに出会うのに、いまだまじめに考えたことのないヨツバムグラです。
    ちょうどキレイな時期に出会ったみたい  ピントは甘いけど  r(^^;
    明るい林道でみかけました。

    クリックしてね

    茎は下部で分岐し直立して、20cmくらいでした。

    web拍手 by FC2
    キノコ
  • 6月のキノコ

  • ニオイコベニタケ
    ニオイベニタケ

    紅色の可愛いキノコです。ニオイコベニタケと教えていただいて
    どんな匂いがするのか、鼻を近づけてみました。( ̄ ^_ ̄*).?? 枯葉の匂い?

    裏もキレイ!今が旬

    「カブトムシの匂いよ」と言われて、また嗅いでみる。もしかして「臭小紅茸」と書くべきでしょうか
    これは柄の色が白いですが、他の個体は赤みを帯びていました。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ヤンバルフモトシダ

  • ヤンバルフモトシダ

    梅雨時にアップしようと宝物にしていたシダです。
    ヤンバルフモトシダ、なんとなく形が整っていないけれど
    大きめのフモトシダにも似ています。

    新芽

    新芽はふわふわの毛がはえてポヤポヤ、根茎は匍匐しているようです。

    web拍手 by FC2
    …イネ科イグサ科
  • クロボシソウ

  • 花は一つ

    ヤマスズメノヒエに出会った次の日、同じ仲間だなとわかるのですが
    細い花柄に一つ花が咲いています。すっきりした草姿はヌカボシソウかな?
    ※クロボシソウでよいと教えていただきました。

    ヌカボシソウ

    ここは標高1000m付近。
    珍しいのかな?と思っていたら、その後京都で、長崎で・・・
    あちこちで出会いました。(京都、長崎のものはヌカボシソウみたいです)

    web拍手 by FC2
    …イネ科イグサ科
  • ヤマスズメノヒエ

  • ヤマスズメノヒエ

    お天気のよい日に、ヤマスズメノヒエに出会いました。
    イグサ科もこんなに奇麗なんだ!と思った瞬間 ^m^

    花

    花被片が星の形に開いて、モヤモヤとした毛も個性で輝いている。
    茎葉がスズメノヤリ似ているので、すぐ仲間だとわかったヤマスズメノヒエです。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ミヤマコナスビ

  • ミヤマコナスビ

    去年ナガエコナスビを見て、「かわいい、かわいい、ミヤマじゃない?」なんて聞いたら
    「ミヤマはもっと大きくて、かわいいよ。来年見に行く?」と約束してくれました。
    山奥深い渓流沿いの道端に、黄色い花が目立ちます。

    蕾

    どの花も二つ並んで、かわいいですね。

    web拍手 by FC2
    湿地・水田の植物
  • サワトラノオ

  • サワトラノオ

    サワトラノオを初めて見ました 5月上旬の写真です。

    △お山

    三角お山の花穂は、トラノオというにはぽっちゃり形。
    綺麗ですね・・・

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ヤマトグサ

  • この花がみたい!

    すごく地味な花なのですが、1ヵ月後、熊本までこの花を見に出かけました。

    ヤマトグサ

    花の名前はヤマトグサ、日本人が初めて記載した日本の固有種なのだそうです。
    その時の学名はCynocrambe japonicum、現在ではTheligonum japonicum
    名づけたのは牧野富太郎先生。ちっぽけな花なのに「大和」の重さがわかりました。

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • ヤマアゼスゲ

  • かわいい~♪

    四月の末に咲き始めたばかりのスゲに出会いました。
    鱗片の色が黒くて、カッコいいスゲです。

    雄小穂

    頂小穂は雄性、この頃はこんなに太いのに果実期にはぺしゃんこになるんですよね ^m^

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • ヒメカンスゲ

  • ヒメカンスゲ

    4月に出会ったのですが、ヒメカンスゲじゃないかな?と決めかねています。
    ヌカスゲ調べをしている時、図鑑を見ながヒメカンスゲをみてみたいなぁと思っていました。

    赤い鞘

    目印は包の鞘が赤いこと。これかもと思ったのですが
    まだ、そう果が熟していません。わかるかしら?

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • アワボスゲ

  • アワボスゲ

    雌小穂の長さ2-3cm、幅0.5cm、果胞も小さいので、
    目で見たときは何かに似ているとは思わなかったのだけれど

    アワボスゲだ

    レンズでのぞいて見て、ヤワラスゲに似ているなと思いました。
    でも、この丸々した果胞で短い嘴は、アワボスゲ

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • タチスゲ

  • 白緑色

    湿地にはえているスゲです。マツバスゲのとなりにヒメゴウソに似た白緑色のスゲがあります。
    でも小穂はまっすぐ立っているから、違うものかなと調べてみました。

    花序

    検索表をたどると、タチスゲ節!やっぱり~^m^
    突っ立ってるわけだ♪


    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • ジュズスゲ  オキナワジュズスゲ

  • ジュズスゲ

    ジュズスゲ節もジュズスゲとその変種が数種しかないので
    画像が少ないのですけれど、ジュズスゲではないかと思います。

    小穂

    頂小穂は雄性、側小穂は雌性で2-5個あり茎にそっていました。
    雄小穂は淡色、雌小穂は鱗片が1/2~1/3と短く果胞にぴったりついて写真ではわかりにくいですね、
    果胞は熟しても直立。

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • シラコスゲ

  • 小穂がひとつ

    小穂が1個のスゲは数が少ないので、わかるかもと思って撮ってきました。
    検索表をたどってみるとシラコスゲ節で、この節にはシラコスゲしかなかったので
    シラコスゲかな?

    クリックすると大きくなります。

    標高が1000m付近の沢にはえていました。有花茎は20cmに満たないくらい
    葉は光沢があり、やわらかく、葉幅は2-4mm。
    鹿に食べられているのか、地面にぴったりはりついていました。

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • シバスゲ

  • ヤマサギ

    ヤマサギさんを撮っていると・・・
    10cmくらいの小さなスゲが画面の中に写りこんできます・・・たどって行くと

    シバスゲ

    根茎は横に這い、まばらにはえていました。
    これはシバスゲ?

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • タガネソウ

  • タガネソウ

    鏨「たがね」とは何だろう?初めて聞く言葉なので調べてみました。
    たがねは金属加工をするときの切断する道具で、画像検索をしてみると・・なるほど
    スゲの仲間では葉幅が1-3cmと広いので、葉の形を「たがね」に見立てタガネソウなのですね。
    花友さんがみたら「これ何?ラン?」なーんて言うかも。うふふ

    タガネソウ

    根茎は匍匐してまばらにはえていました。

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • ニシノホンモンジスゲ

  • ニシノホンモンジスゲ

    ニシノホンモンジスゲなんて、お侍さんのようなカッコいい名前・・・って
    こまさんに先に書かれてしまいました ^m^
    頂小穂は雄性で、黒っぽい瓦をかさねたような鱗片がカッコいいのかも!

    全体

    全体の姿もスラッとしています。
    葉の葉は2-3mm、有花茎は30-50cmくらいです。

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • ナルコスゲ

  • 渓流沿い

    爽やかな渓流沿いにかっこいいスゲがありました、ナルコスゲ。
    鳴子みたいに小穂が下がっているスゲはいくつもあるけれど、

    茂みの中に・・・

    このスゲにナルコスゲとついたわけは、茂みの中に鳴子を隠したように見えるから?
    なんて考えながら撮りました。

    一気にスゲ10連発いきま~す 

    web拍手 by FC2
    該当の記事は見つかりませんでした。