花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
木本
  • ミヤマフユイチゴ

  • ミヤマフユイチゴ

    長崎にもミヤマフユイチゴはあるのですが、フユイチゴと混生していることが多く
    アイフユとの区別をつけることが出来ずにいました。
    高尾山で見たミヤマフユイチゴです。

    葉

    丸っぽいフユイチゴと比べると、葉の形は卵形~広卵形
    葉先はとがり、鋸歯があらいようです。

    web拍手 by FC2
    ボランテァ日記
  • ヒレガクアサガオ Ipomoea fimbriosepala

  • 大きさ

    植物園の名誉園長は漂着する南方果実の研究をされていて、それが面白いんです。
    今日は流れ着いた種子から育てたヒレガクアサガオ(仮称)が咲いたのでまとめてみます。
    花の大きさは、オーシャンブルーと比べるとずいぶん小さいですね。
    花の直径3cm弱、10月頃から咲き始めます。

    ヒレガクアサガオ

    ガクにヒレがあるからヒレガクアサガオ

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ツヤナシイノデモドキ

  • ツヤナシイノデ × イノデモドキ

    クリックすると大きくなります

    イノデの雑種は今日で終わりです。
    最後の最後までわからなくて、見なかったことにしようと思っていたのですが、
    bbsでお尋ねしたところ、泣く子も黙る?ツヤナシイノデモドキ
    AとBの葉が、鱗片や葉の形など微妙にちがうのは初夏と秋の葉だからということでした。
    葉身は披針形の2回羽状複葉、光沢があり先端はなだらかに細くなっています。
    葉色はAは濃緑色、Bはそれより明るかったです。

    根茎

    どっちが秋葉なんだろう? Bが秋葉だそうです。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ハコネイノデ

  • サイコクイノデ × アイアスカイノデ

    クリックすると大きくなります。

    オンガタイノデのとなりにあった、鱗片基部が濃褐色のイノデです。
    オンガタイノデより、葉色が濃く少しツヤがあります。

    葉柄基部の鱗片

    それから、葉柄基部の鱗片が細めです。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • オンガタイノデ

  • ツヤナシイノデ × サイゴクイノデ

    クリックすると大きくなります。

    ツヤナシイノデの群生の中に、鱗片が黒いものをみつけました

    ツヤナシじゃないことはわかる。

    ツヤナシイノデではないことはわかります。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • タカオイノデ

  • ツヤナシイノデ×アイアスカイノデ

    クリックすると大きくなります。

    6月の雨上がりに、イノデに似ているのに葉柄基部の鱗片に縞が入っていたので
    雑種かもとめぼしをつけて、今回はその確認です。

    葉先

    大きすぎて1枚の写真に納まらないので、部分的に写してきました。
    葉先はなだらかに細くなります。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • アカハナワラビ

  • アカハナワラビ

    湿った渓流沿いから離れて、少し乾いた環境になるとハナワラビの仲間がでてきました。
    その中で、色がくすんだ小さいハナワラビが10個くらい
    オオハナワラビでも林下のフユノハナワラビでもなさそうです。

    全体

    栄養葉は三出状五角形、今は石灰緑色から少し紅変しかかっているかな?
    触ると胞子が飛散しました。冬季は小豆色になります。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • クロクモソウ

  • クロクモソウ

    写真を整理していると、まだアップしていない花がたくさんあることに気がつきました。
    その中で、いろんな部位がそろっていたので、季節はずれですがクロクモソウです。
    2つの山系でみましたが、どちらも石灰岩質で標高は1000m以上の深山でした。
    地中に太い根茎があり、根出葉を束生。

    花

    花期は7-8月。花色は紫系~淡緑色までみかけました。
    これはちょうど中間の色。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • 夏の阿蘇

  • クリックすると大きくなります。

    緑の草原、青い空、
    写真展では、阿蘇の野焼きから始まる春のようすを組み写真にしたので
    夏の阿蘇の野の花をアップして上京します。

    ハナシノブ

    大陸から渡ってきたという薄紫のハナシノブ
    今年はじめてみました。数はずいぶん減っているようです。

    web拍手 by FC2
    …イネ科イグサ科
  • メヒシバ コメヒシバ

  • メヒシバ

    だんだんめんどうになってきた、畑の草取りシリーズ第3弾
    メヒシバとコメヒシバは一緒にアップします。まずメヒシバ。
    秋の夕日に輝いて、けっこうきれい。なんて言ってられないほど蔓延ってます。

    花序

    小穂に毛がはえていたので、こんなに輝いていたのです。
    総は3-8個

    web拍手 by FC2
    …イネ科イグサ科
  • オヒシバ

  • オヒシバ

    畑の草取りシリーズ見わけ第二弾はオヒシバ

    花序

    メヒシバ、コメヒシバなどと、名前は似ているけれど属が違いオヒシバ属。
    小穂の形が違うからわかりやすい。

    web拍手 by FC2
    …イネ科イグサ科
  • ササガヤ

  • ササガヤ

    畑の草取りシリーズ見わけ第一弾はササガヤ

    総

    小穂に長い芒があり、ゆるく付いています。
    花序は開出して、総は3-6個。

    web拍手 by FC2
    湿地・水田の植物
  • ホザキキカシグサ

  • ホザキ

    キカシグサの仲間で、可愛いのをもうひとつ

    大きさ

    ミズスギナほどではないけれど、ルーペで見たくなる大きさです。

    web拍手 by FC2
    湿地・水田の植物
  • ミズスギナ

  • 花が咲いた!

    ミズスギナの花が咲きました、とても小さい花で・・・1.5mmくらい。
    1.5mmですよ ^m^ これは大きくしすぎかな。

    クリックすると大きくなります。

    この年は水位が高く花を見ることができませんでした。
    でも、池いっぱいに広がるミズスギナはみごとです。

    web拍手 by FC2
    該当の記事は見つかりませんでした。