花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
木本
  • ユクノキ

  • ユクノキ

    雨が続きますが、お元気ですか?
    ファイルの中から、名前がきれいなユクノキのアップします。
    たまたま橋の上から見ることができたので、花に気がつきました。

    クリックすると大きくなります。
    (クリックすると大きくなります)

    よく似たものにフジキがあるのですが、
    ユクノキは小葉の側脈が10~15対、小托葉はない。
    フジキは小葉の側脈が8~13対、小托葉がある。
    ということで、ユクノキでよさそうです。

    web拍手 by FC2
    キノコ
  • 6月のキノコ(2)

  • ヒナノヒガサ

    コケの中から出始めた、ヒナノヒガサ。
    傘は0.5-1cm、まんじゅう形の傘がかわいいキノコ。
    柄は橙黄色、似たのが多いので解るものから憶えてみます。

    ニッケイタケ

    ラッパのようなニッケイタケ。
    傘の表面には光沢があるらしいのですが、濡れていてわかりません。

    雨が続くので、小さなキノコが多い観察会でした。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • キリシマテンナンショウ

  • 大きな葉っぱ

    キノコを探して歩いていると、でっかい葉っぱに出会いました。
    ムサシアブミかと思うくらい存在感があります。
    標高700m、6月9日の撮影です。

    横から

    のぞきこんでみると、花が咲いています。これは初めて・・・
    だけど、名前は聞いたことがあります。キリシマテンナンショウ。
    別名はヒメテンナンショウ・・・
    姫は小さくて可愛いとか、細くてきゃしゃというイメージだけど
    どこが姫なんだろう???

    web拍手 by FC2
    木本
  • ウメモドキ

  • ウメモドキ

    ウメモドキの花がこんなに小さくて可愛いなんて知りませんでした。
    これは雄花、花の直径は3-4mmです。4-5弁花。

    クリックすると大きくなります。

    渓流沿いの橋の上から見たので気がつきました。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • オオハシゴシダ

  • オオハシゴシダ

    それほど大きいわけではないのですが、オオハシゴシダ
    胞子葉は葉身20~30cmくらい、葉身と葉柄はほぼ等長。

    ソーラスをつける葉

    栄養葉は胞子葉より小さめ。

    web拍手 by FC2
    キノコ
  • 6月のきのこ

  • ツノマタタケ

    昨日は降水確率90%だったのに、観察会の間だけ太陽が出ました。
    この日見つけたキノコで一番気に入ったのは、ツノマタタケ。
    遊歩道の土止め丸太に並んでいました。標本に持って帰るわけにいかず
    私のみたてで名前をきめたので、あってるかは不明 ^m^

    ムラサキフウセンタケ

    紫というより、どこもかしこも黒・・・という感じのムラサキフウセンタケ
    フウセンというのは、柄の根本が風船のようにぷくりと膨れていることらしい。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ネムノキ

  • ネムノキ

    長崎でもあちこちでネムノキを見かけるようになりました。
    これは色が濃くて、車を止めてでも撮りたくなったネムノキ ^m^

    蕾

    知りたかったのは、花のつくりで
    淡ピンク色のが花弁で白っぽいのがガク、ネムノキには花柄がないことがわかりました。
    ここから、だんだん花の形になるところが好きなんです。

    web拍手 by FC2
    木本
  • オオバネムノキ

  • オオバネムノキ

    ネムノキより葉が大きいオオバネムノキ、花色は白、
    遠目でも「あれがオオバネムノキだ!」とすぐわかりました。

    葉

    葉は2回羽状複生で3-6対の羽片をつけ、9-15対の小葉をつけています。
    (ネムノキは7-9対の羽片で小葉は15-30対と、違いを書かなくても見た目でばっちり区別できそう)
    花友さんが「ジャケツイバラをオオバネムノキかもと思ったのよ」と話してくれた気持ちがよくわかる。

    web拍手 by FC2
    木本
  • オキナワテイカカズラsp

  • オキナワテイカカズラ

    以前長崎でもオキナワテイカカズラを探したことがあるので
    宮崎のものもオキナワかもしれないと思って撮ってきました。

    花が小さい・・・

    いつも見るテイカカズラより、花が小さく感じるのです。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • シンテンウラボシ

  • 1つ葉

    オオイワヒトデの群生の中に、1つ葉のものがありました。
    ヒル、ブヨ、マムシという存在に踏み出そうか、見なかったことにしようかと葛藤。

    シンテンウラボシ?

    ええい!と掻き分けて入ると
    オオイワヒトデとヤリノホクリハランかな?と思っていたのが・・・

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • フモトシケシダ

  • フモトシケシダ

    昨年の冬に、フモトシケシダなのかホソバシケシダなのか わからないシダに出会いました。
    標高700mくらいの森の中、木製デッキの陰に生えていました。

    ソーラス

    図鑑を読むと、包膜に毛があるとフモト、無毛なのがホソバなのですが無毛のように見えます。
    それで、春にもう一度観察することにしました。

    web拍手 by FC2
    ボランテァ日記
  • 着生ランなど

  • 対馬産のナゴラン

    対馬産のナゴランが開花しました。温室で管理しているので自生より早めです。
    明治時代に炭焼きの仕事で対馬に行かれたとき持ち帰ったナゴランが群生し
    着生させたウラジロガシが老齢のため、「長崎に里帰りさせたい」と受け入れたランです。
    花つきもみごとですが、上品な香りが受付に漂っています。

    じつは植物園が地すべりのため、今年度いっぱいで閉園することになりました。
    私のボランティアも終わりなのかな?と安堵する気持ちと淋しい気持ちが半々・・・
    でも、もしかしたら希少種の保護は別の形で残るかもしれないと期待して
    とりあえず、手を抜くことなくこの一年を過ごしたいと思っています。

    今日は着生ランをいくつかアップしてみます。

    ヨウラクラン

    ヨウラクランは小さい花が集まって、ランなの?って感じなのです
    ですが盗掘がたえません。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • キバナウスキムヨウラン

  • 黄色いムヨウラン

    ひどい雨の中なのですが、「変なランがあるから見てみて」と連れて行かれると・・・
    輝くような 金色のラン!に見えました ^m^

    ウスキムヨウラン

    ボケちゃったけど、左はこのあたりで雑草のようにはえているウスキムヨウラン
    踏まないように歩くのに一苦労という感じです。
    ウスキムヨウランとだいだい同じ形、でも土砂降りなので日を改めて観察することにしました。

    web拍手 by FC2
    木本
  • ツクシイバラ

  • ピンクの花

    ツクシイバラは母種のノイバラより全体的に大きく、花色は淡紅色~白色。
    花も3~5cmとノイバラより一回り大きいです。(写真は5月29日に撮影)

    ツクシイバラ

    群生しているとみごと。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • チョウジソウ

  • 5月25日

    5月下旬で残り花でした。
    気温が低いので肌寒い日が続いています。入梅して暇です。

    さわやか

    宮崎で見たさわやかな花を・・・

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • キドイノモトソウ

  • キドイノモトソウ

    キドイノモトソウは石灰岩の岩上や隙間にはえるシダです。
    頂羽片が長いリュウキュウイノモトソウにちょっと似てるかも・・・

    偽脈

    キドイノモトソウの特徴は羽片が5〜7㎜と狭く、偽脈があること。

    web拍手 by FC2
    木本
  • ナンゴクアオキ

  • 斑入りアオキ

    只今植物園で斑入り植物展開催中、観察会が行われ
    中国四国地方以北のアオキは鋸歯は外を向き、先端が尖るととを教えていただきました。

    それで、私がよく通う長崎県民の森には多くの樹木が植栽されていますが
    斑入りのアオキは、中国四国地方以北のもので自生ではないとわかりました。

    ナンゴクアオキ

    それじゃ、長崎のはどんな葉?と気になって過去の画像を探してみました。
    これ!全然違いますよね ^m^  ナンゴクアオキというそうです。

    web拍手 by FC2
    該当の記事は見つかりませんでした。