花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • ホコザキウラボシ

  • クリックすると大きくなります。

    ヌカボシクリハランかしらと、ソーラスを見てみると

    ソーラス

    なんだかちょっと違う。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ウスバイシカグマ

  • イシカグマと違うね

    花友さんと「これはイシカグマじゃないね」
    見る角度によっては、リョウメンシダにも似ています。

    うん、ぜってー違う

    なんだろう?

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • チャボシライトソウ

  • なんだ?

    姫の次は「矮鶏」、どちらも小さくてかわいい
    これはチャボシライトソウの蕾、面白いですね。

    チャボシライトソウ

    だけど、花数が少ないので咲いた姿は・・・写真にするとわかりにくいので
    もっとアップにしてみます。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ヒメツルアリドオシ ヒメカカラ

  • ヒメツルアリドオシ

    続けて姫を2つ、ヒメツルアリドオシ
    写真で見ても姫なのかわからなので、実物大くらいにしてみます。

    このくらい

    私の小指です。
    Yリストではツルアリドオシと区別していないみたいだけど

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ヒメサギゴケ

  • ちっちゃいトキワハゼ?

    「屋久島のはトキワハゼもちっちゃいねぇ」と話していると
    「それ、ヒメサギゴケかも」と、教えてもらいました。
    見逃すところだった・・・

    ヒメサギゴケ

    渓流沿いのコケの中にはえていました。
    葉は根際に密集して、直立する茎葉のない花茎をのばすのが特徴。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ヒメウマノミツバ

  • 姫ウマノミツバ

    ヒメウマノミツバ、渓流沿いに歩いているとき出会いました。
    ここのは小さくて可愛いものばかりですが、
    図鑑には6-40cmということで、大きいのもあるんだなぁ…

    横から

    花茎は葉より長く、頂部つけている花の様子がなんとなく気になる


    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • タカサゴキジノオ

  • 2019/07/23
    コスギタニキジノオとしてアップしましたが、再度屋久島をたずねて
    タカサゴキジノオが矮小化したものではないかと思い訂正します。


    コスギタニキジノオ

    屋久島では、コスギタニキジノオを見つけるのもひとつの目的でした。
    でも、見つけるというより普通にあります。
    この写真は標高800m付近 (最近GPS機能が使えるようになった(^^ゞ

    頂羽片

    屋久島の植物は小さいものが多いのですが
    コスギタニキジノオ タカサゴキジノオも小型になっていました。

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • コウボウシバとシオクグ

  • コウボウシバ

    いままでは、「コウボウシバ!」と胸を張って言えてたのだけど、知らなかっただけ
    屋久島から帰って、ずっと悩み続けていました。
    というのは、コウボウシバも生育がよいと、シオクグに似てくると教えてもらったからです。

    小穂

    小穂の長さ1,5-3cm、拡大してみました。
    雌鱗片は果包と同じくらい長いので、コウボウシバでよさそうです。
    また、基部の鞘には葉身がなく赤みを帯びています。葉幅は3mm前後。

    web拍手 by FC2
    該当の記事は見つかりませんでした。