花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
海辺の植物
  • ヒロハネム

  • ヒロハネム

    もう関東のネムノキも終わってしまいました。
    一ヶ月以上前の写真になりますが、ヒロハネムをまとめてみます。
    引越しの都合上この日しか行けなくて、花の咲き始め

    花

    近くに咲いている花がなくて、トリミングしてみました。
    ヒロハネムはネムノキの変種ということなので、側生花は無柄のように見えます。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • イワデンダ

  • イワデンダ

    このイワデンダは庭先にあったので、植えられたもののようです。
    でも、見たかったシダなので細部を観察してきました。

    イワデンダ

    あまりにも込み合っているので、葉の少ないところをパチリ
    単羽状で、羽片は20対以上ついています(注:栽培品なので参考になるかどうか?)
    小羽片は左右不相称の三角状長惰円形で、基部前側に耳があります。
    根茎は短く、葉を叢生。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • シムライノデ

  • クリックすると大きくなります

    私ではシムライノデは気づけそうにありません。
    ぱっと見た目では、イノデモドキやアイアスカイノデなどに似ているようで
    見落としてしまいそうなイノデで、

    シムライノデ

    横から見たところ。
    膝丈くらいの、優しい感じのイノデでした。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ナガホノナツノハナワラビ

  • ナガホノナツノハナワラビ

    「長穂」なのか「穂長」なのか・・・何度書いても「ホナガ」と書いてしまう
    ナガホノナツノハナワラビ

    栄養葉

    栄養葉に柄がないので、3出に見えますが3回羽状深裂。
    探していたシダなので出会えてうれしかった!

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • オシダ

  • オシダ

    オシダ、これも温帯域のシダなので長崎にはありません。
    もう少し標高が高くなると群生しているそうですが、ここでは一株。

    葉柄

    夏緑性のシダで、根茎は塊状になり葉を叢生。葉柄は短いですね。

    web拍手 by FC2
    木本
  • タマアジサイ

  • 玉

    長崎ではみたことない・・・蕾?
    タマアジサイと教えていただきました。
    撹乱されたような谷沿いには一面、タマアジサイというところもありました。

    ほころび

    やっと見つけた、咲き始め
    玉の中から・・・楽しいですね ^m^

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ヤシャゼンマイ

  • クリックすると大きくなります

    川向こうで近づけなかったのですが、ヤシャゼンマイです。
    渓流植物なのでもっと小さいのかと思ったけど、ゼンマイより小型というくらい。

    ゼンマイとの比較

    となりにゼンマイがはえているので、比較するのに丁度いいですね。
    夜叉ゼンマイかと思っていたら、痩せゼンマイや玄孫ゼンマイが訛ったものらしい

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • サクライカグマ

  • サイクライカグマ

    観察会に参加させていただき、長崎では見ることのできない植物を教えていただきました。
    忘れないうちにまとめなくちゃ! もう一生見ることはなさそうなサクライカグマです。
    2012年に☆ほしさんに教えていただいて、念願の出会いでした。

    最下羽片

    最下羽片は大きくて長い柄があり、葉身は5角状広卵形
    3回羽状深裂~全裂、小羽片にも短い柄があります。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ヤマユリ ヤマホタルブクロ

  • ヤマユリ

    逃げ出して野生化したヤマユリは見たことあるけれど、
    自生のヤマユリは、初めてです。ユリの女王さま、そんな感じでした。

    いい香り

    この空間に、いい香りが漂って・・・あたりを見渡すとヤマユリが咲いています。
    とても希少なものかと思っていたのですが、この日は行く先々で出会いました。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • エビネの仲間

  • サルメンエビネ

    今年はエビネの仲間にたくさん出会いました。
    なかでも一番うれしかったのがサルメンエビネ。
    猿面なんて、どんな形なんだろうとわくわく

    サルメンエビネ

    唇弁が赤くて猿の顔に似ているということだったけど、私にはかわいいお人形さんに見えました。
    サルメンエビネの距は色んな角度から見てみましたが、なし。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • タカサゴシダ

  • タカサゴシダ

    wqxb さんに「トウゴクシダにはタカサゴシダに酷似した個体が存在する
    (つまりタカサゴに見えても実はトウゴク、という可能性を疑うべき) 」
    と、教えていただいていたので、タカサゴシダを探していました。
    屋久島で出会いました。これだと、典型といってもよいですか?

    最下羽片

    最下羽片の下向き第1小羽片は大きく、下から4番目の羽片と同じくらい。
    葉身は三回羽状深裂~全裂で五角状です。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • 屋久島の草花

  • ヤクシマコケリンドウ

    ヤクシマコケリンドウはフデリンドウに似ていますが、ずっと小さい。
    6月末はまだ咲きはじめで、これからが見ごろのようです。

    ヤクシマコケリンドウ

    実寸はこの写真より小さくて、コケとしたい気持ちはわかるけれど
    ヤクシマフデリンドウのほうがピッタリなんです・・・(^^ゞ

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • サカバサトメシダ (屋久島)

  • サカバサトメシダ

    これがサカバサトメシダ?
    どのくらいの長さがあるのかわからない長崎のものとは全然違います。
    とっても小さい屋久島仕様? (^^ゞ

    最下羽片

    それで問題になるのは、サカバイヌワラビとの区別
    サカバサトメシダは「羽片基部近くの裂片が独立した小羽片」ということです。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ヤマソテツ

  • クリックすると拡大します。

    今日もフェンスの中をのぞき見 (^^ゞ クリックすると大きくなります。
    キジノオシダに鋸歯がある?いやそんなわけないか・・・とお初のシダのようです。
    夏緑性のシダで基部には枯葉が残っていました。

    のぞき見

    ヤマソテツだろうと見当をつけて、
    屋久島にはシマヤマソテツがあるので細部を拡大してみます。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ホングウシダ

  • ホングウシダ

    屋久島のシカの食害がどのくらいなのか、初めて歩くのでわからなかったけれど
    フェンスの中には、いろんな植物がはえていることに気が付きました。
    やっぱり、シカが食べちゃってるのね・・・
    そうそう、花友さんに言われて肝心のホングウシダはまだ見たことがないことに気が付きました。
    これが、そうかも???

    金網からレンズを入れて・・・

    金網からのぞきこむと、なんだかそれっぽい。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • タイワンアオネカズラ

  • タイワンアオネカズラ

    冬緑性のシダなのですが、まだきれいでした。
    でも、長崎で見るアオネカズラより大きいなぁと思うくらいで
    現地では違いを見つけることができませんでした。

    胞子葉

    タイワンの特徴が写真に写っていればいいなぁと思いながら撮ってきましたが
    画像がいまいちはっきりしません。

    web拍手 by FC2
    該当の記事は見つかりませんでした。