花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • ユウガギクかな?

  • ユウガギク?

    標高800以上の林縁や湿った土手などでみかけたもので、
    ユウガギクではないかと思いました。

    直径
    ここのは花の径2.5mmくらいで、ヨメナより小さめ(図鑑では2.5-3.5㎝で、ヨメナと同じくらいのようです)
    白っぽい藤色でした。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • 秋の気配

  • ジャコウソウ

    まだ暑いけれど、山には秋の花が咲いていました。
    虫食いの葉ですが、ジャコウソウのようです。
    九州ではタニジャコウソウは時々みかけるのですが、ジャコウソウは初めて

    葉の基部

    虫食いでわかりにくいですが、葉の基部は耳状心形
    葉柄と花柄は同じ長さです。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • レンゲショウマ

  • レンゲショウマ

    夏も終わりというのに、一向に気温が下がりません。
    今日も熱帯夜・・・(~_~;A
    そんな中ですが、山に登ってきました。
    標高が800m以上あるので、比較的涼しかったです。
    こんな花に会えたんですもの・・・

    上から

    花が蓮に、葉がサラシナショウマに似ているので、レンゲショウマと名がついたそうです。

    web拍手 by FC2
    木本
  • ホオノキ

  • 5月

    ホオノキの花も近くで撮ることができなかったものの一つ
    植栽なのですが、県民の森の観察コースに咲くことを知り、やっと撮れた一枚。
    葉の展開後花が咲くので、上の花は下からは見えない。

    蕾

    蕾でも握りこぶしくらいあります。

    web拍手 by FC2
    木本
  • キリ

  • 何だろう?

    7月中旬、いつも見る木なのに、これが何なのか?わからなかった私です^m^

    キリ

    だって、花はこんなですよ・・・
    重くって垂れ下がってるのかな????

    web拍手 by FC2
    木本
  • ニワトコ

  • ニワトコ果実

    6月はじめ、いろんな色のニワトコの果実がきれいだったので・・・

    果実の拡大

    ニワトコは「セッコツボク(接骨木)」とも言われるそうで
    昔、ニワトコの枝を黒焼きにして薬をつくり、それを塗って副木をあてて押さえておく
    という治療をしたので接骨木とよばれたのだそうです。
    枝が添え木にぴったりだったのかなと想像したのですが・・・違ってました^m^

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • コケハリガネスゲ

  • コケハリガネスゲ

    屋久島の高層湿原で見た小さなスゲです。
    コケハリガネスゲはコウヤハリスゲの変種として、2009年に発表されました。
    特徴は匐枝を出し、小穂の花数が少ないこと、痩果の模様がコウヤハリスゲに似るのだそうです。
    でも、これ以上詳しい情報を見つけることができないので
    マツモムシさんに相談してみました。

    小穂

    コケに埋もれているので、全体がつかめないのですが
    有花茎は5-7cm、はっきりしない3-4稜があり無毛。太さ0.5-0,8mm
    葉幅は1mmくらいです。



    web拍手 by FC2
    木本
  • ヤシャビシャク

  • ヤシャビシャク

    ヤシャビシャクを見つけてから3回目の挑戦です。
    ブナ帯の大きな木に着生していました。まん中の小さい花・・・
    登山道からは、花があることも確認できないくらい高い木についていました。

    トリミング

    280mmのズームレンズを買って挑戦。
    トリミングしてもこのくらい 

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ツルキジムシロ

  • ツルキジムシロ

    ツルキジムシロはお初の花です。でも、なんだかいつも目にしているようですね ^m^

    葉

    三つ葉のように見えますが、小さな小葉がついて羽状複葉
    キジムシロかなと、思ったら・・・

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • オオナルコユリ

  • オオナルコユリ

    長崎の高い山を歩けば、よくみかけるオオナルコユリ
    茎の高さが1mくらいになると、ナルコユリと違うことはわかる。

    上から

    上からみたところ・・・
    でも、長崎の海岸近く~低山にはえるマルバオウセイとはよく似ている。
    マルバオウセイとは環境が違うから、「このくらい大きいとオオナルコユリかな・・・」というかんじ

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • フサスゲ

  • フサスゲ

    まだ違いの見えないスゲですが、これもオオクグを確認に行って間違えたわけで
    全然似てないのに、同じところにはえてたから間違えるという・・・依然初心者 ^m^
    フサスゲです。

    花序

    沿海の草地にはえていました。

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • ウマスゲ

  • ?

    ヤワラスゲにしては大きい気がするんだけど・・・
    ちょっと違う気がするというくらいで、ヤワラスゲと思ってました。

    ウマスゲ

    一つもらって歩いていると・・・ヤワラスゲに出会いました。
    持ってるのはヤワラスゲより一回り大きい!思い浮かぶのは、シオクグかウマスゲ
    シオクグはこんな山の中ではないし、ウマスゲかも 

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • マイヅルテンナンショウ

  • マイヅルテンナンショウ

    鶴が羽を広げたようにみえるから、舞鶴天南星
    水辺の疎林に群生しています。仏炎苞は緑。

    横から

    テンナンショウの仲間は見分けにくいものが多いけれど
    マイヅルテンナンショウは、長く伸びた付属体が直立している。
    ここは雄花が多く、花序は葉身とほぼ同じ高さでした。

    web拍手 by FC2
    該当の記事は見つかりませんでした。