花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
街路樹・公園・庭木
  • デジマノキ

  • 出島

    クリスマスのランチ会で待ち合わせ中に見かけた木
    出島の一角にあります。

    全体

    このカーブした石垣が、出島の名残…
    幕末の頃オランダ人が東洋貿易の根拠地としたジャカルタ地方から
    持ち込んだ幼木が育ったものだそうです。

    初めてみる木だったので、石垣に登ったり
    樹皮を触ったり、写真を撮りまくっていたら・・・
    友達が笑いながら見ていました。

    枝

    ナギってこんなに大きくなったっけ???

    枝

    らせん状についている葉はナギとも違うし・・・

    葉

    厚い皮質の平行脈

    樹皮

    樹皮は不規則に剥がれています。

    看板

    などと考えていると、看板がありました。
    ナンヨウスギ科は南半球を代表する針葉樹のグループ
    クリスマスツリーのようなシマナンヨウスギしか知らないのですが
    こんなのもあるんだなぁ

    標準和名ダンマルジュ、他にも別名が多数あります。

    ---------------------------
    ダンマルジュ
    別名  デジマノキ
    分類  ナンヨウスギ科 ナギモドキ属
    分布  南半球



    web拍手 by FC2

    2 Comments

    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    デジマノキなんていうものがあるのですね。ナンヨウスギは以前美ら海水族館付近で見たことがあり懐かしい樹です。
    2022.01.22 16:02 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda says..."☆多摩さんへ☆"
    多摩さん、こんにちは
    沖縄ならナンヨウスギはのびのびと育ちそうですね。
    どうも樹木はまだ、〇〇科というのがピンとこなくて…
    2022.01.25 22:00 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:https://nannjyamonnjya.blog.fc2.com/tb.php/2629-8f160747
    該当の記事は見つかりませんでした。