花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
海辺の植物
  • イソフジ

  • イソフジ

    父島から南島へ渡ってみました。
    ガイドなしでは上陸できないということで、団体行動の上
    歩く道も決められています。スマホで撮った一枚 💦
    12月は花はほとんど終わり、果実が白く花が咲いたように見えます。

    果実

    父島の大村海岸には、防風・防潮林として群生していました。
    残り花もありました。

    上の2枚の写真はクリックすると大きくなります。

    花

    花期は8-12月、総状花序は全体に灰白色の軟毛を密生
    ガクは杯状で先に小さな裂片が5個、子房にも密に伏毛がある。

    花

    旗弁が大きくてかわいいですね。

    果実

    豆果は数珠状にくびれ

    果実

    種子は茶褐色

    豆果

    漂着豆として見つけたら、イソフジとわかるようにアップにしときます。
    大きさは0.8~1cm、まん丸ではない。

    葉

    葉は奇数羽状複葉、5-8対の小葉をつけ
    小葉は肉厚、表面には白い短毛に覆われているけれど
    ほとんど無毛になる。

    ------------------------
    イソフジ  磯藤
    分類  マメ科  クララ属
    分布  沖縄 小笠原
    撮影  父島

    web拍手 by FC2

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:https://nannjyamonnjya.blog.fc2.com/tb.php/2750-7afccc06
    該当の記事は見つかりませんでした。