花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
木本
  • タコノキ タコヅル

  • タコノキ

    タコノキ、父島ではよく見かけました。

    タコノキ

    沖縄のアダンとよく似ていますが
    幹の中部以下から支柱痕を四方に出します。

    web拍手 by FC2
    海辺の植物
  • タイワンハマオモト

  • タイワンハマオモト

    小笠原で初めて出会った植物は、大村海岸のタイワンハマオモト
    たぶん植栽と思います。
    花期は夏らしいのですが、左上に花が咲いています。
    背丈より高いので、花が小さく見えますね。

    葉の広さ

    葉の広さを見てください。20㎝以上ありそうです。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ヒバゴケ

  • ヒバゴケ

    写真で見ると、ヒメクラマゴケの冬の形に似ています。
    12月はまだ胞子嚢穂をつける小枝は出ていませんでした。
    ヒバゴケの主茎の幅は6-8mm、
    ヒメクラマゴケの主茎の幅が3-5mmなので、2倍くらい大きい。

    ヒバゴケ

    だからと言って、これは拡大のし過ぎですね(;^_^A
    葉は二形

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • オガサワラハチジョウシダ?

  • ogasawarahatijyousida1a.jpg

    小笠原にはハチジョウシダとオガサワラハチジョウシダがある。
    違いを調べてみると、微妙でよくわからない。
    この株は、羽片が尾状に伸びているので
    オガサワラハチジョウシダではないかなと思っているけれど・・・
    間違っていたら教えてください。

    ogasawarahatijyousida1.jpg

    胞子葉と栄養葉
    見た目はハチジョウシダとハチジョウシダモドキの中間のようで
    葉質は草質ではなく、少しパリッとしていました。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • オオシケシダ

  • オオシケシダ

    シケシダの仲間は雑種が多いし、同じシケシダでも変異が多くて苦手です。
    そのオオシケシダ属の代表、オオシケシダ・・・その名の通り大きいです。

    葉

    高木林の林床、少し湿ったところで見かけました。
    リングライトが当たっているので、光沢があるようにみえますが、

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ムニンヒメワラビ

  • ムニンヒメワラビ

    ヒメワラビに似ているけれど、長崎で見るものより大きい。
    葉身は広披針形、4回羽状に切れ込んでいた。

    最下羽片

    最下羽片。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ムニンベニシダ

  • ムニンベニシダ

    父島では、ベニシダの仲間はこれだけしか気づきませんでした。
    葉身は三角状長卵形、3回羽状深裂。

    最下羽片

    最下羽片は三角状で、下向き第一小羽片は大きく
    大きい小羽片には短い柄がありました。

    web拍手 by FC2